マイクロフォーサーズ応援団

ときどきB級フォトギャラリー

琵琶湖長浜にて


3月5日、冬鳥シーズンの最後ということで琵琶湖は長浜へ車を飛ばしました。まずは湖北野鳥センターを訪れましたが、目玉のオオワシ、オオヒシクイは2月末に北帰しています。センター到着時はみぞれ混じりの曇天、風が強く鳥見には厳しいコンディションです。


マガモ、ヒドリガモ、オオバンらが寒風に身を寄せ合っていました。



カモが群れ飛ぶ姿は美しいの一言。



センターを早々に引き上げ次に向かったのは、今回一番楽しみにしていた日本最大のビオトープ「早崎内湖」。事前の情報では、コハクチョウの居残り組がいるとのことでしたが、残念ながら姿を見られず。


優雅なコハクチョウの代わりに、人相の悪いハシビロガモ(エクリプス?)と遭遇。



次に向かったのは「奥びわスポーツの森」。少しずつ天候が回復してきました。



愛想のよいコガモ達がお出迎え。



最後は331号線湖岸沿いに整備された公園、波止を歩きました。天候の回復とともに野鳥たちが顔を見せはじめ、やっと鳥見らしい一日になりました。ここは非常に水鳥が多いところでしたが、警戒心が強く岸からすぐ離れるため、望遠レンズでは被写体まで届かず、家人のスコープでやっとヨシガモを観察できました。例の2000mmコンデジが必要かも(笑)


岸辺近くでは、カンムリカイツブリやキンクロハジロが目につきました。



岸辺のプラタナスにはイカルがお出まし。



ユリカモメかとおもいきや、よく見るとカモメでした。

悪天候でしたが、なんだかんだと言いつつ鳥さんに遊んでもらいました。本日出会えた鳥達は、マガモ、コガモ、カルガモ、ヨシガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、ミコアイサ、カンムリカイツブリ、オオバン、バン、カモメ、ミサゴ、ツグミ、カワラヒワ、シジュウカラ、モズ、シメ、イカル、ダイサギ、コサギなど35種類。
関連記事

2 Comments

panoramahead  

No title

COOLPIX P900ですね!高倍率ズーム機って、どんどん望遠端がエスカレートしていってますけど
これはその延長線上にはなくて、ぽこっと突き抜けた感じがします。
それにしても広角側はなんでみんな判で押したように24mm周辺なんでしょうね。
1000mm単焦点とか広角端200mmの10倍ズームとかでもいいんじゃないかと。

2015/03/08 (Sun) 23:51 | EDIT | REPLY |   

monopod  

No title

panoramaheadさん、やはりCOOLPIX P900は買いの一手でしょうかね。
以前からNikonのコンデジは信用していないのですが、今回は相当気合を入れているように思えます。
1/1.7で200mm10倍ズームが出たら、結構売れますよ、絶対!
これからは当たり前のカメラは売れない時代なので、色々目先を変えたマニア向けの高級変態機が
出てくると思います。

2015/03/09 (Mon) 04:55 | EDIT | REPLY |   

Add your comment