マイクロフォーサーズ応援団

ときどきB級フォトギャラリー

オリンパス照準器EE-1をV3に装着する ver.1

照準器付高倍率ズームカメラSP-100EEのヒットで気をよくしたのか、なんとオリンパスからでは単独アクセサリーとして、光学照準器EE-1が発売されました。お固いメーカーとしては大変珍しい遊び心に拍手。従来、野鳥相手の超望遠撮影でよく使われるドットサイト照準器は、安価なホビー用のものが大半で、使い勝手の悪さを各自工夫して使っていました。かくいう私もその一人ですが、カメラメーカーの純正ならば精度、使い勝手共に期待できるはずと、勝手に決めつけ予約入手した次第です。

さすがオリンパスの作ったEE-1は、エアガン用のおもちゃとは大違いです。やや大振りながらも軽量で折りたたみができますし、スイッチ類の扱いやすさ、何より照準の調整(水平&垂直)がすごく簡単です。調整範囲が広いので雲台は不要ですが、専用ピースが必要なので現在は雲台を併用中。メーカーへの要望としては、シューだけなくブラケットにも取り付けできるようW1/4ネジを切って欲しい。

野鳥撮影では両眼視ができるか否かで、ヒット率がまったく違ってきます。特に樹間に見え隠れする小型野鳥類は導入からシャッターを切るまで、いかに短い時間で済ませることができるが勝負の分かれ目。ベストではありませんが、ほぼ問題のない位置に取り付け調整しています。

EE-1はホットシューに取り付ける形態ですが、Nikon1 V3のアクセサリーシューはEVFでふさがっており取り付けできません。そこでエツミのL型ブラケットミニにVelbonの超小型雲台を装着し、HAMAのアクセサリーシューDXを介して、EE-1を取り付けました。三脚にも取り付けできるようアルカ互換プレートをネジ止めしています。

V3は非常に照準器(&クイックシュー)と相性が悪く、色々悩みました。問題解決にはV3用の専用ブラケットを作るしかありません。近いうちに図面を書いて金属加工所にオーダーするつもりですので、完成すれば報告します。※書き上がる頃にはV4、金物が届く頃にはV5になっているかも(爆)

★この後、雲台を使わない改良型を考案しアップしました。Ver.2モデル

関連記事

4 Comments

M2_pict  

No title

V3とこのレンズはとても魅力的なシステムだと思ったのですが、EE-1も実にハマりますね。
クイックシューに関してはマイクロでも悩みの多かったところで(最近純正が出たのでかなり解決しました)、専用品を開発(!)という事で、こちらも期待です(^^

2015/06/17 (Wed) 09:43 | EDIT | REPLY |   

panoramahead  

No title

おお・・・これは物欲を激しく刺激されます。
パンタグラフ式にたたまれる構造のドットサイトは
唯一無二じゃないでしょうか。
照準器はファインダと両眼視出来ないと、その有効性を生かせませんが
V3は本当にやりにくいです。でも、きっちり綺麗に仕上がってますね。
流石です。

2015/06/17 (Wed) 19:52 | EDIT | REPLY |   

monopod  

No title

M2_pictさん、V3は良いカメラですが、操作性がまだまだのような気がします。
おそらくV4でかなりブラッシュアップされでしょうね、期待大です^^

2015/06/18 (Thu) 23:02 | EDIT | REPLY |   

monopod  

No title

panoramaheadさん、これお勧めです。
超望遠マニアのpanoramaheadさんにこそ相応しい一品だと思います。

2015/06/18 (Thu) 23:03 | EDIT | REPLY |   

Add your comment