マイクロフォーサーズ応援団

ときどきB級フォトギャラリー

新鋭Nikon 1 J5 ,1インチミラーレス進化中

先日1 Nikkor 6.7-13mmを入手、しばらく手持ちのV3と組み合わせて使う予定でしたが、新鋭J5の出来が非常によいとの風評にぐらついてしまい、またも無駄遣いをしてしまいました。大体V3の稼働率を上げるためにレンズを追加したのですが、これではますますV3の稼働率が下がりそう、むむ。

実は大きな購入理由としては、自撮り対応液晶が装備されていることがあります。換算18mmという超広角レンズなら、片手撮りでも人物どころか背景の景色を大きく取り込むことができます。観光地や出先の記念写真に、一味違うマイショットが撮れるはずという目論見です(笑)

画質的には先行上位機のV3より明らかに上と見ました。ナチュラルな色味と抜けの良さ、ノイズ耐性の向上、かなりのブラッシュアップです。小さいだけにホールド感はグリップ付きV3とは比べ物になりませんが、持ちにくさNo.1のSONY RX100よりはいいかも。何より125gしかない超広角レンズとの組み合わせは、ほとんどコンデジ感覚で面白いです。

超広角付きで実測422g。一体式のGX7が304g、LX100が393gなので、手堅いニコンとしてはかなりまとめてきたと思います。J5もV3と同じくキビキビ感は秀逸、秒20コマの連写は使い道がありませんが、速写性能なら大歓迎。試写でも気持ちのよいAFとシャッター感を楽しめました。▼以下下手な作例

 

 

 

 

この組み合わせは気に入ったので、当分広角専用コンパクトカメラとして使うことにしました。18-35mmという焦点域は街角スナップには最適解。しかしながら、1型センサー&超広角としては換算0.16倍と今ひとつ寄れず、ヒエラルキー的手抜きの操作体系は高級コンデジ程度でちょっと哀しい。液晶は綺麗だが電池は大食い、まだまだ発展途上か。

長らくMFTファンですが、これで超広角域と超望遠域をニコワンが担当、あり余るほど揃ったMFTレンズ群ですが、レンズ交換の楽しさを満喫できる肝心要のレンズがいまだ十分でない所に、MFT陣営の企画センスの悪さが…トホホ。

関連記事

4 Comments

norick  

No title

初めてコメントします。

ほんとレンズに関しては特にPanasonicはキヤノンとかに合わせた焦点域に拘りすぎですよね。

MFTならではのコンパクトさを活かした、今までにない焦点域の広角ズームとか欲しいですよね。、オリの9-18もリニューアルしないし、、

2015/10/08 (Thu) 12:38 | EDIT | REPLY |   

panoramahead  

No title

>ヒエラルキー的手抜きの操作体系
これぞ至言であります。僕も使って宜しいでしょうか(笑)
ニコワンは素晴らしいカメラですけど、本当にそこが残念…。
でもこれで操作系が洗練されちゃうと、レフを持った兄貴たちの
立場がないかもです。

2015/10/08 (Thu) 17:03 | EDIT | REPLY |   

monopod  

No title

norickさん、コメントありがとうございます。
二社とも技術的には先取りもどんどんしますが、ことマーケティングは古臭いですねぇ(^^;)
大体42.5mmF1.2より、どう考えても25〜28mmF1.0のほうがゴージャスで売れますわ。
ズミ25mmに遠慮というか、貧乏くさい発想があきまへん(笑)
これからもよろしく。B級ブログですが、また遊びに来て下さい。

2015/10/08 (Thu) 23:31 | EDIT | REPLY |   

monopod  

No title

panoramaheadさん、至言というより天の声とよんでくだされ(爆)
ニコワンにGRDの操作系を与えたいと思うのは僕一人でしょうか^^;

2015/10/08 (Thu) 23:42 | EDIT | REPLY |   

Add your comment