LEICA VARIO-ELMAR 100-400mm レビュー1 外観チェック

1.jpg

春早々、マイクロフォーサーズ(以下MFT)ファンが長らく待ちわびた超望遠レンズが登場。シンパにとっては、盆と正月がやってきた春ではなかったでしょうか。パナソニックからLEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3、オリンパスからはM.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROが揃い踏み。私自身は野鳥用に使っていた1NIKKOR 300mmズームからの乗り換えということで、けっこう選択に悩みました。

サンヨンの場合、鳥相手だとまだ短いので、テレコン付き840mmF5.6で使うことになります。いわゆるハチゴローで野鳥相手にはよいのですが、汎用的に昆虫や花も撮りたい私には使いにくい焦点距離です。その点100-400mmだと、通常の望遠域から野鳥相手の超望遠域まで、使い勝手が広く活用できます。

2_201603270017243c5.jpg

野鳥相手で心配なのがAF。さすが二強の位相差AFは長年研鑽してきただけに、私のような下手っぴでも、歩留まりは悪くありません。その点、登場以来ミラーレスの唯一最大の弱点が、動体への追従AFです。しかし位相差AFを仕込んだEM1から、徐々に評価がアップ。コントラストAFを極めたパナのDFD(空間認識AF)登場で、一気に実用レベルへ。どちらも使っている私の意見では、野鳥相手なら4Kと組み合わせると面白いDFDにやや分があるかも。ここらは先達のpanoramaheadさんが、毎回ナイスなレポートをアップしておられます。いずれにせよAFCに関しては、D500や7Dmk2レベルにはまだまだ追いつきませんが、メーカーの奮起を期待しましょう。

価格についてはサンヨンが想定よりやや高め、といってもロンヨンと考えればリーズナブル。400mmズームは意外なバーゲンプライス。ということで、ズームの利便性、4Kフォト&DFD、コンパクト、価格を考慮しVARIO-ELMAR 100-400mmをチョイスしました。

3.jpg

手に取ると超望遠とは思えないほどコンパクト軽量です。手持ちのED 40-150mm F2.8 と並べてみました。やや大きい程度のサイズですが、150mmズームに例の便利フードを装着した状態だと、印象は逆になります。以前使ったNikon AFS 100-400mmと比較すると、95.5x203 mm(1480g)に対して83x171.5mm(985g )と一回り小さいです。ボディまで勘案すると800g以上軽くなるので、大きなアドバンテージです。残念ながら、二強の400mmズームがF5.6であることに対して、F6.3と半段暗いのが、ちと切ないですがサイズを優先したということでしょう。

デザイン的には最近のパナ製品らしい質感で悪くありません。以前より文字や色使いが整理されてライカブランドにふさわしい佇まいだと思います。残念なのは、ズーミングの操作感がややチープで、グリスが切れたようなかさついた感があること。オリの150mmPROズームが、メカニカルなねっとりとした高級感のあるタッチとは、明らかに差があります。ライカの名を冠し、決して安価なレンズではないことを考えると、少しがっかりかも。しかし面白いのが、直進フードのように、ぐいと真っ直ぐに伸び縮みさせると、あら不思議、とてもスムーズに伸長できます。鳥見のように、一気にテレ側へ伸ばす操作が必要なときにはありがたい特性。これは確信犯的設計かも知れません。

4.jpg

特徴的なのが超スタイニーな組み込みフード。測ってみるとわずか3cm!とても実用性があるようには思えませんが、ライカ名を冠するぐらいですから、コーティングに自信があるに違いません。「これで十分です、気になる人は別売のフードを買ってね」ということでしょうか。スライド自体は非常にスムーズで、フードを持ち直進ズーム的に鏡胴を伸ばすと、一気テレ側一杯まで伸ばせます。けっこう快感かも(笑) 作りもたいへんよく、同じ組み込み型でもオリのガンダム的フードとは一味違うコンセプトを感じさせるフードです。いずれにせよ、このフードがこのレンズのコンパクト化に一役買っていることは間違いありません。MFTの立ち位置を忘れないレンズ設計に脱帽です。反面、次はコンパクト設計に縛られないゴーヨンが出てくるのではないかと期待してしまいます。

組み合わえるボディは強力な空間認識AFを装備したDMC-G7を予定しています。実は新ズームにマッチするGX8の購入も検討したのですが、GX8はEVFが左肩部に位置するため、照準器をつけた場合、両眼視が難しいです。換算800mm、4Kフォトだと1280mmと1000mmオーバーになり、EVFで飛翔体はまず捕捉できません。よって私のような下手っぴは両眼視は必然です。写真はオリのドットサイト照準器EE-1を装着したところ。このセッティグ方法については、近いうちにレビューいたします。

5.jpg

ご近所での試写 、ライカらしい雰囲気のある描写ですかね。 400mm f/6.3 1/640 ISO200
※クリックで画像が大きくなります。もう一度クリックすると1920px表示になります。

作例は次回レビューでアップします。B級フォトブログではレビューは1回、せいぜい2回でまとめていましたが、「マイクロフォーサーズ応援団」は機材をテーマにしたブログですので、じっくりレビューしたいと考えています。内容が薄い割には冗長な文章になってしまい、文才の無さを通関しますが、なにとぞ気長にお付き合いください。ご意見お待ちしてます。

LEICA VARIO-ELMAR 100-400mm レビュー2 試写
LEICA VARIO-ELMAR 100-400mm レビュー3 解像チェック
関連記事

LEICA100-400mm

6 Comments

panoramahead  

No title

待ってました!じっくりと読ませていただき
ましたよ~。繰り出しの渋さについては掲示板でも話題になってましたが
意外な解決法があったのですね!これは皆さんで共有したほうがいいかも。
僕も直進させてみたいです(笑)まだ品薄で店頭には並んでませんね。
じっくりとレビュー頂けるとのことで次回もすごく楽しみです。

2016/03/27 (Sun) 19:51 | REPLY |   

monopod  

panoramaheadさん

コメントありがとうございます。冗長な文章で赤面するばかりです。もうこの歳になると写真も文章も上達しませんが、気長に見てやってください(^◇^;)

2016/03/28 (Mon) 03:48 | REPLY |   

NeoN  

No title

読み応えがありますね!
マイクロの大きな利点が何と言っても望遠の世界ですよね。あのサイズで600mmとか800mmとか。すごいなあ。
手ぶれ補正がかなり進歩したので、もう手持ちでも余裕のようですし。
それにしても、同じライカ名なのに、本家はどうしてあんなにバカ高い値付けなんでしょうか。何がそんなに違うのか。。。

2016/04/03 (Sun) 22:02 | EDIT | REPLY |   

monopod  

NeoNさん

コメントありがとうございます。
ほんとLeicaって高いですよね。
ぼくなんか、パナライカにしか手が出ません。NeoNさんが羨ましいです。

2016/04/04 (Mon) 02:09 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/07 (Thu) 16:55 | REPLY |   

monopod  

鍵コメさん

コメントありがとうございます。
ご指摘の綴り直しておきました。
また遊びに来てくださいませ^^

2016/04/07 (Thu) 17:19 | REPLY |   

Leave a comment