マイクロフォーサーズ応援団

ときどきB級フォトギャラリー

CLS恐るべし!Nikon SB-600


古くさい話で恐縮ですが、昔のストロボは手動設定ですから「GN24だから距離3mで絞りが8、でもASA400だから二段絞って…」と辛気くさい計算が必要、しかも出来た写真が「あちゃ~ボツ!」というのはしょちゅうでした。同調速度が遅いので日中シンクロなんか至難の業、ストロボだけは本当に嫌いでした。私の年代の方で好きな人はおそらくいないはず(笑)

バブル華やかりし頃、仕事でときどき商品撮影を外注していました。カメラマン達の写真センスに納得することはついぞありませんでしたが、ささっとテスト撮影を済ませてポラを見せ「こんなもんでいきまひょか」と露出をあっさり決めるストロボ技だけは「すごい!これこそプロだわ~」と感心するばかりでした。ストロボコードを踏んでしまったアシスタントを「どあほ!」と師匠が青筋を立てて怒鳴ったりして、横文字でも職人の世界やなぁと妙に感心した思い出があります。

前置きはさておき、オークションの隆盛で皆さん物撮りの研究に余念がありません。中にはプロ裸足という方も珍しくありませんし、下手な参考書よりよくできたレクチャーを掲載しているブログもあります。私はといえば、物撮り用に小さなRIFAを使っていたこともあるのですが、なにぶん狭いマンション暮らし、毎回のセッティングが煩わしくなり処分しました。しかし蛍光灯だけでは満足した写真は撮れません。照度を手軽に得るならやはりストロボです。D90を購入したこともあり、定評のあるスピードライトを使ってみることにしました。

いやぁ~結論から言うとSB-600購入大正解でした、ストロボの進歩素晴らしいです。影の出方が一番気になる所ですが、デジカメですからリトライ楽々。D90はコマンダーになりますのでSB-600をワイヤレスで制御できますし、iTTLかなり正確な露出制御をします、私よりだいぶん賢い(笑) 写真は自作のディフェーザー、一般的なプラキャップより拡散効果があります。GIZMOさんの記事を参考にさせていただきました。ストロボ面白そうなのでちょっと遊んでみます。
関連記事

4 Comments

raspy  

No title

やっぱプロは撮るまえから(素人より)結果がわかるというのが違いますよね。でもプレビューもテスト撮影も高ISOもホワイトバランスも全部やりたい放題になった今は、かなり差が縮まったんじゃないかなぁとか思います。なんていうとプロの方に失礼ですが……

2009/04/03 (Fri) 11:49 | EDIT | REPLY |   

dejikaji  

No title

monopodさん、こんばんはです。
SB、自分も持ってはいるんですが、未だに納得いった試がございません。
これからのSBの記事楽しみにしてます。
コマンダー機能が羨ましい・・・・。

2009/04/03 (Fri) 21:25 | EDIT | REPLY |   

monopod  

No title

こんばんはraspyさん。
アマとプロの差ってセンスと技術の二つに大別されるでしょうが
最近はどちらもその差が少なくなったように感じます。
でも本質の差は、写真で喰ってる喰えてるという違いですね、これは大きいです(^^;)

2009/04/04 (Sat) 02:50 | EDIT | REPLY |   

monopod  

No title

dejikajiさん、こんばんはです。
ストロボはやはり相当使い込まないとダメでしょうね。
わたしなんかそこに到達するまでに飽きてしまいそうです(爆)

2009/04/04 (Sat) 02:51 | EDIT | REPLY |   

Add your comment