マイクロフォーサーズ応援団

ときどきB級フォトギャラリー

二重丸!thinkTANKphotoレトロスペクティブ10


このところメインマウントのMFTにあわせて小ぶりなショルダーとウェストバッグを併用してきたのですが、冬場になってコートなど厚着を着込むためウェストバッグが使いづらくなってきました。またこれから鳥見が本番ですので望遠レンズと双眼鏡の携行が必須となります。そこで気分転換も兼ねてあらたにショルダーバッグを購入しました。

私の好きなバッグはDOMKE、相性がよいのか大小6個購入しました。中でも好きなのが F3X、カジュアルな風合い、小さからず大きからず絶妙のサイズ、見た目よりはるかに入る容量、使い方が自由なフロントポケット、レンズからストロボまで収納できるサイドポケット、パンフを突っ込んでおける背ポケット、肩からずれないベルト、持ち運びに便利な吊り手など、考え抜かれた機能とデザインは安易なカメラバッグとは一線を画します。

しかしデジタル時代になって時代にそぐわない点も目につくようになりました。レンズの大型化に対応できない仕切りシステムや人によっては無駄なフィルムポケット、価格に見合わない縫製の品質と相変わらず改良されない金具、大好きなインディゴブルーが日本未発売など。残念ながら今回はパスして他社製品からチョイスしました。


プロ用として徐々に浸透してきたthinkTANKphotoですが、今年発売されたレトロスペクティブは、thinkTANKphotoらしからぬカジュアルなデザインに支持が集まり、評判がよくて品薄が続いているようです。今回はラインナップで一番コンパクトなレトロスペクティブ10をゲット。手にした印象は、DOMKE F3Xを徹底的にモデファイしたモデルと私には感じられました。

DOMKEに習って保護パッドは最少ですが、縫製や金具の品質に問題はありません。70-200mmF2.8付ボディを立てて入れられる高さを確保した点がプロ対応。しかし幅と厚みは抑えられておりプロバッグにありがちな大仰さは感じられません。予備の仕切りパッドを必要以上に用意してあるのはthinkTANKphotoの思想ですかね。フロントポケットはマチが大きく収納力大。財布などの小物用ファスナー付きポケットはペン差しの類は付いておらず、使い方を規制しないのが丸。

サイドポケットには携帯程度しか入れられませんが、マチにループがあり必要に応じてポーチの取り付けが可能です。内側のマチにも小型レンズを入れられる程度の吊り下げポケットがあって、収納への凝りようにはちょっと笑い。ショルダーベルトの駆け心地がよいのも特筆ものです。なんといってもこの商品の魅力はざっくりしたコットンの風合い。パインストーンと名付けられたブリーチカラーが素敵です。21世紀のDOMKEですね、これは!

関連記事

4 Comments

rogan-since2005  

No title

こんばんは。

僕もDOMKEをF2、F3X、F5Xと三個使用しています。カメラ一台の場合は、F5X、中判のときはF3Xかな。F2はほとんど出番がありません。魅力的なバッグではありますが、さすがアメリカ。けっこう大雑把なところもありますね。僕のDOMKEはだいぶくたびれてきました。

2010/12/02 (Thu) 02:14 | EDIT | REPLY |   

monopod  

No title

roganさん、おはようございます。
F3Xは使いやすいですねぇ~さすがに古めかしく思えますがコンセプトは永遠です(^^)

2010/12/02 (Thu) 11:47 | EDIT | REPLY |   

ocacci  

No title

こんばんは〜僕は最近F2買ってエイジングしたいと考えてますが、なかなかお小遣いが〜泣 最近ほとんど一眼を触ってないんですが、写真は撮りまくってます〜

2010/12/02 (Thu) 21:24 | EDIT | REPLY |   

monopod  

No title

ocacciさん、ども。
DOMKEはエイジングした方がやはり格好いいですね(^^)

2010/12/02 (Thu) 22:07 | EDIT | REPLY |   

Add your comment