マイクロフォーサーズ応援団

ときどきB級フォトギャラリー

セミオートレンズキャップ Freemod X-CAP2

1_20160626012131605.jpg
私はいらち(関西弁でせっかち、短気なこと)なので、面倒なレンズ交換を省くため、重くてもカメラを2~3台持って行くぐらいです。コンパクトなMFTを使う一つの理由でもあります。ましてやレンズキャップの付け外しなど言語道断(笑) というわけで今回は、Freemod X-CAP2レンズキャップを試してみました。ずいぶん以前から発売されていましたが、価格が高かったことに加え、長らく国内では品切れでした。先日販売店のサイトをみたら、入荷していましたのでポチ。代金は税送込6,968円と結構なお値段でした。

2.gif
レンズの先端に取り付けてた状態ではシャッターは閉じられています。5mmほど軽く引き出すとシャッターがオープンします。ぎりぎりまで薄く仕上げられ、金属製のシャッターを使うなど、高い価格に見合う質感です。ネジ込みで装着しますが、感心したのは最後の半回転ぐらいからOリング的なグニュッとした抵抗感になり、きっちり固定位置を決められるようになっていること。なかなかの仕組みです。フィルターサイズはSONYやFUJIに多い49mmと、マイクロフォーサーズに多い46mmが用意されており、ステップアップリングで37mmもOK.。

速写性とデザイン性を両立させたレンズキャップ、ちょっとお高いのが難点ですが、まずは納得。ここらはメーカーで純正で出して欲しいですね。CGフィルターやギミックより、よほど実用的です。色や取り付け方、ケラレのこと、対応レンズなどは販売元のオリエンタルホビーさんで詳しく掲載されています。
関連記事

0 Comments

Add your comment