マイクロフォーサーズ応援団

ときどきB級フォトギャラリー

プチDIY Wリヤレンズキャップを作ってみる

1_201608112359182c8.jpg
UNから販売されているマイクロフォーサーズ用WリヤキャップUNX-8540が便利で以前から3つばかり使っています。デジカメウォッチでも紹介されていたのでご存じの方も多いと思います。アイデア自体は昔からあるもので、私もニコンのレンズキャップを改造して使っていたことがあります。要はそういうマニアの工夫を商品化したものでしょう。使いこなしにはちょっとコツが必要ですが、慣れるとレンズ交換の際の付け外しの手間の削減、あるいはレンズ2本を繋いでカメラバッグの省スペース化なども図れ、なかなか便利なものです。

2_201608112359200be.jpg
問題はこの製品がそれほど大した品質でもない(ちょっと嵌合がゆるめ)のに、Amazon価格で768円とそれほどお安くないこと。そこで引き出しをかき回してみたら、使わなくなった古いレンズキャップが出てきました。キャップ同士を接着すると機能的には同じものができます。プラスチック用の接着剤で接合するだけですので、DIYというほどのものでもありません。

3_201608112359172c4.jpg
右側が既製品のUNX-8540、左側が余ったキャップで作ったWレンズキャップ。ちょっと糊がはみ出てしまいましたが、機能的にはまったく問題ありません。むしろ既製品より嵌合がしっかりしており安心感があります。Wレンズキャップとして使わずとも、通常のレンズキャップより回しやすいというメリットもあります。マイクロフォーサーズのみならず他のマウントでも作れますので、余ったキャップをお持ちの方は試されていはいかがでしょか。
関連記事

0 Comments

Add your comment