マイクロフォーサーズ応援団

ときどきB級フォトギャラリー

アクセスポイント新調!Aterm WG2600HP2 + TP-Link RE450

4.png
我が家では代々ルーターはNEC製Atermを購入しており、ここ3年ほどはWG1400HPと中継機1200HPを組み合わせて使っていたのですが、最近はどうも調子が悪く、接続が不安定になることがしばしば。リビングや風呂、和室で使っているタブレットのダウンロード速度をチェックしてみると、悲惨な一言。速度は色々な要因があるので一概にルーターが悪いとは言えませんが、Atermは極端な小型化を進めた頃から安定性が悪くなったように思えます。ワイヤレスルーターは力技なので採用チップや熱対策がまずいのかも。

そこでAtermに見切りをつけ、近頃人気急上昇、世界シェアNo,1のTP-LinkのArcher C9を先日導入しました。2.4GHz 600Mbps及び5GHz 1300Mbps同時接続OKという高性能ルーターです。ブリッジ接続にちょっと手間を食いましたが、まずは設置に成功。設定画面は明快で分かりやすかったです。これで一件落着と思ったところが、なんとプリンターにどうやってもワイヤレス接続できません。バンドが違うのが原因かも。今後のことも考え、泣く泣くArcher C9をドナドナすることに。

1_20170116221423ff5.jpg
いまさらWG1400HPに戻すのも業腹なので、今回はAtermの最新最強ルーターWG2600HP2を試してみることにしました。ちょっと高価ですが、最近のAtermとしては抜群に評判のよいルーターです。慣れ親しんだ設定画面にアクセス、なんなくブリッジモードに設定できました。我が家はフレッツ光マンションタイプ。いまとなってはしょぼいmax100Mbpsなので、速度的には30Mbpsも出れば御の字(泣)。業界最速4ストリーム対応1428Mbpsという高性能を活かせる環境からは程遠いですが、なにより電界強度と安定性が向上すれば買い替えは成功です。

2_20170116221425b85.jpg
中継機はAterm製1200HPをコンバートモードでつなぐと問題ないかと思いきや、速度が全然出ません。ご近所の電波のほうが強いという体たらくに(泣) 色々やってみましたが原因不明で解決策なし。そこで今回はルーターの時と反対に、中継機にTP-Link製RE450を使うことにしました。結果は大正解、設定も簡単で電波も十分。各部屋でデバイスを安定して使えるようになりました。

3_2017011623264760d.jpg
これはAndroidで電界強度をチェックできるアプリ Wifi Analyzer。とても良くできていて電波状況が一目瞭然。親機と中継機の電波をそれぞれ別々に確認できるのが面白いです。ちなみにこのアプリで調べた範囲ではAterm WG2600HP2とTP-Link Archer C9の電波の強さは同程度でした。今回は費用も手間も大変かかってしまいましたが、導入以来接続が非常に安定しておりストレスを感じることがなくなりました。めでたしめでたし(^o^)
関連記事

4 Comments

黒顔羊  

No title

私のメインマシンは有線LANで引っ張ってます。
そろそろ無線に替えてもいいかな、なんて思っている矢先にこのエントリ・・・
取っ手も参考になりました♪
Wifi Analyzerなんてアプリがあるのですか。^^
面白そうですねえ、私もインストールして使ってみようかな。

2017/01/17 (Tue) 22:14 | EDIT | REPLY |   

monopod  

To 黒顔羊さん

お役に立てたら幸いです。
アプリは実用的ですよ~部屋別の電波状況がよくわかります。

2017/01/18 (Wed) 23:38 | EDIT | REPLY |   

panoramahead  

いやもうこの記事に本当に助けられました。自宅の無線LANがブツブツ切れるので
違法CB無線並みに強い電波を飛ばしてやろうかとまで思いつめていたのです(爆)
これで作業効率が上がりそう。今までは特定の場所に自然と家族が集まったり
してましたので。砂糖に群がるアリですがな。

2017/01/19 (Thu) 19:41 | EDIT | REPLY |   

monopod  

To panoramaheadさん

お役に立ったら幸い~
日本は諸外国のように電波を強くできないので
中継機をうまく使ってください。中継機を2台程度使うと死角がなくなると思います^^

2017/01/20 (Fri) 21:36 | EDIT | REPLY |   

Add your comment