マイクロフォーサーズ応援団

ときどきB級フォトギャラリー

若き防人たちの広報誌「MAMOR」

170203_0005.jpg
このところPCの調子が悪いので、思い切って最新スペックPCを導入~したものの例によってドタバタが続き、やっと落ち着きました。ということでブログを再開。PCの件は次回の記事ネタに(笑) さて今回は、面白い広報誌があったので紹介させてください。私は子供のころからのミリタリーファンですが、護衛艦「いずも」に興味があって、尼で書籍を調べていたら「MAMOR」という聞きなれない書籍を見つけました。書店で見た記憶はありません?調べてみたら自衛隊の広報誌だとか、編集が斬新そうなのでバックナンバーから3冊ほど面白そうなものを選んで購入してみました。

先日アマゾンプライムビデオで、自衛隊広報官の活躍を描いた「『空飛ぶ広報室』を見ていたので、その記憶と興味がリンクしたせいもあります。届いた本の表紙を見てみれば、敬礼姿の可愛いお姉さんがナイス。とてもお硬い役所のオフィシャルマガジンとは思えません。聞けば時代に即した情報誌を作ろうという提案コンペを勝ち抜いた出版社(扶桑社)の企画が採用された紙面だとか。グラビアあり、漫画あり、読み物あり、非常にバラエティに飛んでいて、それでいてお遊びだけでなく、国防という日本人には苦手なテーマを考えさせられる内容もあります。

今回はスーパーウェポンである「いずも」と、自衛隊の音楽隊、消防隊を特集にした3冊を読んでみましたが、およそ「丸」や「世界の艦船」とは180度違う編集で、とても好感を抱きました。国民からは理解されず支持されないことも多々ある自衛隊ですが、いざというとき私たち国民の盾になってくれるのは、かれら若い人たち。陰ながら応援したいと思います。
関連記事

4 Comments

jet  

『空飛ぶ広報室』、見ようと
チェックリストに入れてました。
早く観ないとっ(汗)

2017/02/04 (Sat) 19:42 | EDIT | REPLY |   

monopod  

To jetさん

ガッキーちゃん、可愛かったですよ(^▽^)

2017/02/04 (Sat) 22:17 | EDIT | REPLY |   

mosyupa  

『空飛ぶ広報室』の小説、面白かったですよ。
うちの娘、志望が航空大学校でした。
受かっていれば給料取り。
残念ながら、1回目は1次試験落ち、地元の予備校ではそこ用の勉強が難しかったので東京の有名予備校、2回目は1次試験通過・2次の体力測定健康診断的なので脱落(詳細は教えてくれませんが血液検査でかかった可能性大、国民の税金をとんでもなく注ぎ込むので厳しいのは当たり前ですが、そこで通らないなら親子ともどもの苦労はなんだったのかと T_T) ・・・試験科目が他の学校と違うため滑り止め的なところもボコボコ、大阪の私大へ。
当分お父さんのお小遣い、趣味に回せるほどなさそうです(笑)
息子は春に高校卒業して、少し前に大型特殊(カタピラ限定)免許という一般的には何の役にも立たない免許を取ったようです。

2017/02/04 (Sat) 22:29 | EDIT | REPLY |   

monopod  

To mosyupaさん

う~ん、やはりパイロットへの厳しいですねぇ。
学力ではなく身体検査で落とされたのは、さぞ辛かったことでしょう。
でも人生まだまだ長いです~ガッツのある娘さんだから、きっといい進路を選択されるはず^^

2017/02/04 (Sat) 23:21 | EDIT | REPLY |   

Add your comment