マイクロフォーサーズ応援団

ときどきB級フォトギャラリー

ほぼほぼ理想キーボード!LEOPOLD FC980C/EWWP

1_20170704154456f77.jpg
30年もキーボードを打ち続けていると、だんだん感覚が変わってくるのか、最近はミスタッチが頻発してどうもいけません。そこで折を見て新しいキーボードを試しているのですが、いまひとつピタッときません。ただ以前は昔ながらのカチャカチャと煩いメカニカルキーボード(青軸命)が好きだったのが、最近は静かで軽いタッチのキーボードとの相性が良くなってきています。

そこで今回は静電容量無接点スイッチを試してみることにしました。このタイプはずいぶん以前に東プレを試したのですが、その時はタッチが合わず早々に手放しました。今回は定番の東プレではなく、LEOPOLDのASCII配列98キーをチョイス。半島製は敬遠しているのですが、東プレ製OEMであることは明白なので尼でゲット。29,700円、ずいぶん高い買い物になりました。

2_2017070415445977a.jpg
このキーボードに決めた理由はもう一つあります。テンキー付きにもかかわらず通常のフルキーボードより5cm程度幅が狭いのです。幅を優先するとテンキーレスですが、数字を連続して打つ時は不便なときもあります。テンキー付きだけど幅が狭い~これは面白いです。

3_20170704154459f97.jpg
特殊配列は使いにくいとされていますが、私は英語配列ローマ字入力なので影響が少ないことと、ScrLkやPouseなど普段使わないキーがFnキーとの併用になっただけなので全く困りません。もっとも右Ctrlや右Shiftを駆使するオペレーターなら使えない代物だと思われますが。

東プレ製静電容量無接点スイッチのキータッチについては語り尽くされているので、ここでは述べません。有り難いことにミスタッチが激減したとだけ書いておきます^^

4_201707041544552fc.jpg
裏を見てみたらやはり日本製(東プレ)でした、ホッ。次にS/Nを見たらなんと、000003! う~ん、希少品を入手できたのか、人気の出ない売れ残りを買ってしまったのか、いずれにせよ生産中止必須のレアアイテムを購入したようなので、大事にすることにします(笑)

LEOPOLD 静電容量無接点スイッチ採用コンパクトフルキーボード 英語ASCII配列98キー ホワイト FC980C/EWWP
関連記事

4 Comments

ivan  

東プレはPS/2接続な101キーボードの時使ってたなぁ
今の東プレはキーノ重さが気に入らなくてCHERRY軸のキーボードに移行しちゃいましたが
過去もっとも打ちやすかった記憶があるのはApple Extended Keyboard(初代)ですねえ
ALPSスイッチでしたっけ。あれはよかった
現在使用中なのはFILCOのMajestouch2S(CHERRYピンク軸)
シリアル65番なのでこれも人気ないのか製造少ないのかw
他にもLeopold製赤軸やら、CHERRY純正赤軸やら、キーボードは沼ですねw

2017/07/05 (Wed) 10:14 | EDIT | REPLY |   

monopod  

To ivanさん

御意!入力デバイスは沼ですねぇ(^^;)
私もMacintoshのキーボードから入ったので贅沢になってしまいました。
マティアスのALPSを復刻したという静音キーがなかなかの出来ですが
ピンク軸もいいという報告が上がってますね。
とはいうものの、そろそろ卒業したいです(爆)

2017/07/05 (Wed) 19:55 | EDIT | REPLY |   

jet  

MADE IN JAPAN 万歳ですね!

安かったら欲しいけど、結構しますね・・・(汗)

2017/07/08 (Sat) 19:16 | EDIT | REPLY |   

monopod  

To jetさん

たしかに良いキーボードなんですけど、ちょっと高いです。
2万円前後ぐらいかなと思うのですが、この手のレイアウトは
希少なので、仕方ないとあきらめてます(^^;)

2017/07/09 (Sun) 07:49 | EDIT | REPLY |   

Add your comment