マイクロフォーサーズ応援団

ときどきB級フォトギャラリー

ドンケへ捧げるオマージュ ルフトデザイン ビンテージレーベル ショルダーバッグ

1_20170706210422996.jpg
先日購入したカメラバッグが出色の出来でしたので、報告したいと思います。撮影機材はマイクロフォーサーズ主体なので、カメラバッグは小ぶりなもので揃えているのですが、オリンパスのプロシリーズは図体が従来より一回り大きいため、多めに機材を携行する時や大口径望遠を持ち出す時は、サイズ的に苦しくなってきていました。

そこで色々物色したところ、ハクバ製ルフトデザインビンテージレーベルのショルダーバッグLがよさげに思えたのでゲット。見た目からわかるように明らかにドンケF-2のそっくりさん。単なるパクリか、はたまたオマージュとして今日的ニーズに対応させたモデルか、さっそく検証してみました。※ヨドバシ価格11,850円也

9_20170707151053ab8.jpg
定番ドンケF-2はしばらく使った事があります。サイズ的に比較してみるとドンケは外寸400×170×H230mm、カメラ収納部内寸350×150×H220mm(重量1.2kg)、対してルフトデザインは外寸430×140×H230mm。カメラ収納部内寸330×120×200mm(重量1.2kg)。ドンケよりやや幅広、細身、同じ高さに同重量ということで、パッケージ的には似せて作られています。

ルフトデザインにはパッドがある分、容量的にはやや分が悪いですが、今日的なニーズに対応してノートパソコン収納部が設けられていますし、ドンケと同じくインナーボックス自体が簡単に外せるので、使いみちは多様です。面白いのはドンケのしっかりした帆布に対して、6PS-DIAポリエステル(WAXコート)と呼ばれる素材が使われていること。柔らかいようで腰があり、テクスチャーに高級感があって手触りもよいというナイスな素材で、私は気に入りました。凝った作りのバッグですが軽量に抑えられているのは、この生地の採用が効いているのでしょう。

2_20170706210423ee6.jpg
昨今は交換レンズがどんどん太くなってきているので、フィルム時代の細身の鏡胴に合わせて設計されたドンケのアパートメントでは、収まらないレンズもあると思います。その点ルフトデザインは大抵のレンズには対応できます。私がいまでもドンケが好きなのは左右のサイドポケットが大きいこと。フィルム収納用に設計されたポケットなので、余裕がとてもあります。ストロボ、ボディ、水筒、その他諸々、M4/3ならレンズまで収納できます。残念ながら現代のルフトデザインのサイドポケットはそれほど大きくありませんが、ちゃんとマチが取られているので小さな水筒やストロボ程度なら十分収容できます。

後ろ側はドンケと同じく大きなオープンポケットが設けられています。カタログや地図、マニュアルを入れておくのに便利です。またハンドルが装備されているのもドンケと同じ、これも便利な装備です。加えてカート用のスリーブも設けられています。

4_20170706210426b51.jpg
マイクロフォーサーズ機材を入れてみました。これだけ入れば通常の撮影ならまず間に合うはず。写真には写っていませんが、40-150mmF2.8PROもOKです。M4/3のお陰で重量的には他マウントより軽量に収められていますが、体力の落ちた爺にはちょっときついかも(笑)

評判の悪いドンケのスチール製サルカンに代わって、ルフトデザインではアルミフックが設けられています。シンプルながら面白いデザインでバック本体のモールベルトに引っ掛けて止めるという凝った作り。けっこう実用的で悪くありません。フラップ自体にも大きなファスナー(YKK製)が設えられているので、内部へのアクセスは万全です。

7_20170707161218291.jpg
インナーボックスを外すことも可能ですが、外さなくてもサンヨンPRO付きE-M1mkIIを収容できます(写真左)。面白いのがこのインナーボックスのフタも取り外せること。取り外したフタを機材の上に置くと、2段式の収容スペースができます。写真右はそのスペースに別の機材を置いたところ。超望遠を持ち出す時には便利かも。

さてこのバッグにはまだまだ書ききれない凝ったディティールが採用されています。縫製も丁寧で、神経の行き届いた作りの良さには感心するばかりです。不朽の定番ドンケには様々な中華製パクリバージョンが見受けられますが、このバッグに関してはドンケをリスペクトしつつ今日的モデファイを施せばどんなものができるのか~というカメラ大好きデザイナーの志を感じることができます。いや良い買い物をしました。ハクバってときどき面白いものを出しますねぇ。

HAKUBA ルフトデザイン ビンテージレーベル ショルダーバッグL ブラック SLD-VLSBLBKHAKUBA ルフトデザイン ビンテージレーベル ショルダーバッグL カーキ SLD-VLSBLKK
関連記事

3 Comments

keizo-f  

これは良さそう!

興味津々です。
私もいろいろバックを持っていますがドンケの出番が一番多いです。
しかし、あの金具がちょっと、、、。寒いときは手が痛いし、何より機材を傷つけそうで怖いです。
これは、中のパッドには仕切りが入れられるのでしょうか?

2017/07/14 (Fri) 12:18 | EDIT | REPLY |   

monopod  

To keizo-fさん

パーティションについては、大が2枚、小が2枚付属しているので
普通の使い方なら、まず困ることはないと思います^^

2017/07/14 (Fri) 17:31 | EDIT | REPLY |   

keizo-f  

ありがとうございます。
ヨドバシは定価よりもかなり安い。ぐっときますね。

2017/07/14 (Fri) 21:52 | EDIT | REPLY |   

Add your comment