マイクロフォーサーズ応援団

ときどきB級フォトギャラリー

炎天下の試写  OLYMPUS TG-5

1_20170727192639103.jpg
先日TG-5の試写に出かけましたが、暑いのなんの~軟弱者にはきつい午後の日差しでした(汗) 絵にコントラストがつきすぎますし、カメラの影がはっきり写り込んだりと、マクロ撮影には不向きな光線でした(言い訳から入る私)。カメラ自体は基本的にはマイナーチェンジモデルなので手に取った感じや、操作性のフィーリングは変わりません。※JPEG撮って出し

2_20170727181833ed3.jpg
ところが撮ってみて気がついたことは「画質が良くなってるんじゃない?」 屈折光学系なので画質にはもともと期待していませんが、背面液晶でもわかるぐらいですし、家のモニターでチェックするとばっちり向上しているように思えます。ちょっと前の1/1.7センサー機を思わすような絵に見えませんか。

1_2017072718183133e.jpg
屈折光学系+1/2.3センサーで、これだけ写れば米の飯です。


3_2017072718183492c.jpg
水涸れで被写体としては✕ですが、花びらのグラデーションがちゃんと出ています。


4_20170727181835a5d.jpg
マクロ域はやや眠くなるので、シャープ/コントラストとも+1程度にしたほうがよいかも。


5_20170727181837976.jpg



6_20170727181839785.jpg
これぐらいなら一般的なコンデジでも寄れますが…


7_20170727181840623.jpg
ここらになるとTG-5の顕微鏡モードが活躍します。それにしてもいい色出てます。絶対的画質としては一眼用マクロレンズには勝てませんが、顕微鏡モード、深度合成、フラッシュディフューザー、防水、4K、フィールドログなどを活かして、ますます遊べるポケットカメラになりました。
今回は暑くて虫も出てこない、花は水涸れと厳しい状況でした。次回は涼しい時間帯にうろついてみます(猛省)
関連記事

0 Comments

Add your comment