マイクロフォーサーズ応援団

ときどきB級フォトギャラリー

姫路市立美術館にて「リアルのゆくえ」

1_20171101215714c0b.jpg
NHKの日曜美術館の特集で見て以来、心に留まっていたのですが、姫路の市立美術館で「リアルのゆくえ」が開催されていることを知り、先日車を飛ばして鑑賞してきました。「リアルのゆくえ」は明治期の高橋由一、岸田劉生から現代につなぐ写実画の足跡を追ったもので、美術展企画として非常に興味深いものです。

2_2017110121571465c.jpg
姫路は財政が豊かだからでしょうか、行政の建物はどれも立派です。姫路市立美術館も素晴らしい建築で、いつ行っても感心します。当日はお天気もよく平日ながら結構な人出でした。

prm1706100006-p2.jpg
当日見たかった一番の作品、犬塚勉「梅雨の晴れ間」。素晴らしかったです

ダウンロード
しかし当日、一番感動したのは、石川寅治「浜辺に立つ少女たち」。ドキュメント写真を凌駕するリアリティ、写真では表現し得ない叙情性。すっかり惚れ込んでしまい、退場するまでに二度、絵の前に佇んでしまいました。美術品を見てこれほど心を囚われたのは、興福寺の阿修羅像以来です。上記の絵はWebでいただいてきたものですが、小さすぎてその迫力を伝えられないことが残念です。美術館巡りをしていると時々素晴らしい発見に巡り会えて嬉しいです。美味しい料理に出会った感激にも似ています(笑)
関連記事

0 Comments

Add your comment