キーボードフェチが逝く!FILCO MINILA ワイヤレス赤軸

1_2018013118173470e.jpg
僕は入力デバイスフェチで、年に一度はキーボードやマウスを更新しています。まぁ気分転換になるというの大きな理由です。今回購入したキーボードはフィルコのMINILA ワイヤレス(US67キー)です。MINILAは以前も試したことがあるのですが、超変態キー配列にとうとう馴染めず早々にギブアップしました。にも関わらず今回懲りずに導入した理由は、まずワイヤレスでテーブルがスッキリすること。加えてキーボード右にマウスを置きたかったからです。

2_2018013118173524b.jpg
コンパクトなテンキーレスキーボードはたくさん使ってきましたが、どうしてもマウスを右に置くとちょっと遠くなります。右に置いて違和感のないのは、超コンパクトなHKKBかMINILLAになります。ハッカー御用達HKKBについては最近Bluetooth仕様も出ており、ちょっと気をそそられたのですが、結局は無線の安定度、カーソルキーの有無で、MINILAを選択しました。スイッチはチェリー赤軸、静かでキレの良いタッチが絶妙です。個人的には静電容量式より好きですね。

3_201801311817331ce.jpg
仕事柄使っているアドビ系のソフトはマウスを多用しますが、けっこう数値も入力しますので、キーボード左にSANWAのワイヤレステンキーを置いています。こうしておくとマウスを右手から話さず、数値入力ができ仕事を続けられます(単なる横着者)。

MINILAにはF1~F12キーがないため、スペースバーの左右にFnを配置して、数字との同時押しでFnキーを呼び出す超変則レイアウトを採用しています。数字キーに手持ちの色付きキーキャップを装着してミスを予防(笑) 当初は往生しましたが最近は慣れてきてスムーズに入力できています。間違えないようにホームポジションから外れにくいというメリットもありますね。へそ曲がりなガジェット好きには一押し(笑)
関連記事

コメント

なるほど、左側なテンキーというのは、良さそうですね。

Re: small-talkさん

朝から晩まで入力する経理的な使い方だと無理でしょうが、一般人の使い方なら慣れれば便利ですよ。
昔は既製品にも左側にテンキーを配置したフルキーボードがあったのですよ^^
非公開コメント