神は細部に宿る ジブリの立体建造物展

0_20180207224600d9d.jpg
先日、大阪はあべのハルカス美術館で開催していた「ジブリの立体建造物展」へ行ってきました。家人が見たいと云っていましたし、私もジブリが大好きなので去年から予定していたのですが、なんやかんだで行きそびれ、とうとう最終日に間に合わせることに。平日なので空いているのではという期待はあっさり裏切られ、切符売り場は人人人の行列。きっちり30分以上待たされました、トホホ。

2_20180207225147326.jpg
もちろん会場内も芋の子を洗う状況。係員が黄色い声で「前におすすみくださぁぁぁい!!」と叫んでも効果ゼロ。幸い私は背が高いので観客の頭越しに鑑賞することができましたが、背の低い家人はおかんむり。そういや去年の「葛飾北斎展」も悲惨でした。ビルの高さこそ日本一ですが、ハルカス美術館は狭すぎ、儲けすぎ。写真はバズーが空から落ちてきたシータを受け止めた採掘所のジオラマ。リアリティがあって素晴らしい出来でした。

3_20180207230315fcb.jpg
模型はもちろん、原画やコンテも素晴らしかったです。残念ながら張り付いて離れない観客が特等席を独占しているので、じっくり鑑賞できませんでした。やや消化不良だったので帰り際に売店で図録を買って帰りました。宮崎監督は絵の上手さは周知の事実ですが、高畑監督も素晴らしく上手で感心しました。

3_20180207231150240.jpg
一番楽しかった模型は「アルプスの少女ハイジ」 これは良かったです。坂を駆け上がるペーター、それを笑顔で迎えるハイジ。むっつりと薪を割り続けるお爺さん。遠くには町の教会や鉄道風景などなど。ストーリー性のある情景と遠近法を駆使したジオラマ手法が素晴らしかったです。

1_20180207232057d04.jpg
目玉はもちろん「油屋」 高さ3mの立派な模型でした。建築系の仕事を長らくやっていたので、建築物にはどうしても興味が湧きます。原作を見て大体頭のなかに見取り図がで来ていたのですが、今回詳細な模型を見て、推測が裏付けされるとともに新しい発見もあって楽しい時間を過ごせました。

例によって場内撮影禁止のため、一枚目を除いて告知サイトから画像を拝借しました。あまりの人の多さにストレスが残った展示会でしたが、ありがたいことに地元神戸の「竹中大工道具館」でダイジェストが開催されます。展示数は少ないでしょうが、じっくり鑑賞できるはずなので今から期待。おまけに4月からは兵庫県立博物館で「ジブリの大博覧会」が開催されるとか、ジブリ好きの神戸っ子の大来襲が予想されます(笑)
関連記事

コメント

非公開コメント