B級ライフログ

ときどきマイクロフォーサーズ応援団

トロロッソ・ホンダF1を応援するぞ

social.jpg
F1といえば1988年、HondaV6ターボRA168Eを搭載したマクラーレンホンダが、稀代の名手セナとプロストで16戦中15勝という金字塔を打ち立てたことを覚えておられる方も多いと思います。当時、車好きだった僕も熱く応援した口で、古舘伊知郎の実況(89~94年)やT-SQUARE が演奏するテーマ曲TRUTHが耳に残ってます(カッコよかったなぁ)。その後ブームは終焉、爺になった僕も車離れしました。ところが2015年、久しぶりにホンダが往年のパートナー、マクラーレンと組んでF1に復帰。ニュースで知って以来、根が好きなので時々ネットでレース記事を読んでいたのですが…

まぁ、栄光の復活どころか、先輩たちの顔に泥を塗る体たらくな成績。メルセベス、フェラーリの牙城には簡単に追い付かないだろうと予測はしていたものの、横綱と幕下ぐらいの力の差にはがっかりというより驚きました。もっともトヨタも8年間参加して一度も勝てなかったのですが。現在のF1パワーユニットはハイブリットなので、むしろ市販車で基礎技術を磨いてきたホンダ有利かと思いきや、ブランクの差は決定的で全くの馬力不足。2017年にはレギュレーションが変更され、抜本的に改良されたホンダパワーユニットの目が今度こそ出るかと期待していたのですが、シーズン初頭から壊れに壊れるという信頼性のなさで、ついにはマクラーレンから三行半を突きつけられてしまいました。

1baa13a6f16041e758d52eb1de8acb0d.jpg
一昨年からF1ウォッチングしてきたので昨今のF1事情も多少は頭に入り、去年はレースごとに応援してきたのですが、負けるたびに(壊れるたびに)頭を下げ続けていたプロジェクト責任者の長谷川さんは辛かっただろうと思います。そんなこんなでホンダは中堅チームのトロロッソと組むことになりました。また今年もあかんのやろなぁって思っていたら、ところがどっこいプレシーズンテストで、かなりの信頼性とまずまずのスピードを示したではありませんか。うむ、これなら開幕戦のメルボルンが楽しみじゃ!



ホンダサウンドといえば往年のV12サウンドを思い出しますが、今季のエンジン音も非常に特徴的で話題になっています。他チームとは全く違う音で、高い排気音に混じって聞こえるブリブリという耕運機のような音は気筒休止(燃料節約?)が原因のようです。去年は今ひとつ迫力のない音でしたが、今年はちょっと期待してもいいかもしれません。

僕は1965年メキシコGPでホンダが初優勝したことをリアルタイムで覚えています。以来、企業としてのホンダはそれほど好きじゃないのですが、レースのDNAを持っているという点では応援しています。そんなこんなで今年からシリーズ全戦TVの前で観戦することにしました。家人に頼み込むと、スカパー有料のフジテレビNEXTを契約してくれました。シーズン最後まで手に汗握るか、夏頃には愛想を尽かして解約するか、さてどうなるでしょう(阪神ファンみたい~笑)
関連記事

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/03/23 (Fri) 09:44 | EDIT | REPLY |   

monopod  

Re: 鍵コメさん

仰られているいくつかの要因すべてが当てはまっていると思います。
こつこつの積み上げしかないと思いますが、F1は乗り手の要素が大きいし(-_-;)
先程予選実況を見ました(スカパーフジ)
結果的にはまぁまぁというところでしょうか。明日以降が楽しみです。。

2018/03/23 (Fri) 12:11 | EDIT | REPLY |   

Add your comment