地味ながらも興味深かった「UCCコーヒー博物館」

franchise_15_new.jpg
「鋼の錬金術師展」見学後、時間が余ったので、ポートアイランドにある「UCCコーヒー博物館」へ回ってみました。このミュージアムは1987年誕生でユーシーシー上島珈琲が運営しています。バブル期の建築ゆえか豪華な外観ですし、しかもちょっとエスニックな雰囲気なのでコーヒーの持つ文化イメージにとても似合っています。ポートアイランドに開館以来31年にもなりますが、その間神戸市民ながら一度も覗いたことがありませんでした。まぁ博物館としては地味で見るところがないだろうと思っていたからです。

1_201804301730227c5.jpg
当日は平日で雨という条件、さぞ館内はガラガラだと思っていたら、ところがどっこいけっこうな人出で賑わっていました。何度もリニュアルをしたのでしょうか、館内に古びた感じはなくとても清潔ですし、展示のため導入されている視聴機材も最新のものばかりでした。行政運営の博物館はともすれば展示物にほこりが被っているような裏寂しさがありますが、ここはさすが業界一流企業の運営だけあって、人員の配置やサービスが行き届いていました。※もっとも大雨の影響で屋根防水が切れたのか、3階の一部がかなりの雨もりでスタッフが雑巾とバケツを持って走り回っていました。UCC名誉のために言うと現在はスタッフの努力で復旧しているはずです(汗)

2_20180430173023c29.jpg
右手に並んだ額に入っているのはコーヒー豆を入れるための麻袋、いわゆるドンゴロスです。いろんな洒落た柄があって大変興味深かったです。神戸は昔から珈琲とは縁の深い街だったので、僕も子供の頃を思い出して懐かしく思いました。

3_2018043017302543e.jpg
いろんな展示品があって多くの発見がありました。一通り見回った後はテイスティングコーナーで味見のひととき。4月はインドネシがテーマでマンデリン(アラビカ種)とジャバ・ロブスタ(カネフォラ種)。マンデリンはその昔、純喫茶ブームの頃に通を気取って飲んだことがあります。ちょっと酸味のある軽い味わいで個性的な豆ですね。

4_20180430173026f21.jpg
こんな面白い展示を見つけました。映画エヴァンゲリオンで加持リョウジが碇シンジにUCCのミルクコーヒー缶を手渡すシーン。僕は仕事の関係で、この世界初の缶コーヒー(愛称三色缶)と少し関わったことがあり懐かしかったです。家人は最後にスーベニールコーナーでコロンビア・スプレモをゲット。やや苦味と酸味が勝った通向けの味わい。帰ってから僕もいただきましたが美味しかったです。

展示そのものは珈琲という地味な対象ですが、膨大な資料やグッズのために上手く構成された見学路や、あきさせないためのハイテクを導入した視聴コーナー、ゲームなど、ずいぶんな工夫を感じました。買い物や飲食を楽しめるコーナーもあるので、ポートアイランドに足を向けることがあればぜひ覗いてみて下さい。おすすめです。
関連記事

コメント

非公開コメント