ほぼ理想的テンキーパッド入手  ナカバヤシDigio2

a2_20180702115852bd0.jpg
コンパクトキーボードと組み合わせるためのテンキーパッドはいろいろ試しましたが、今回ほぼほぼ理想的なものを入手できました。製品名はナカバヤシから出ているDigio2 テンキーボードです。キーボードがワイヤレスなのでテンキーパッドもワイヤレスから選びました。本当は昔ながらのメカニカルが欲しいのですが、ワイヤレスでは現在入手できなくなりました。

このテンキーの良いところはまず、少なくなりつつあるUSBドングル式の2.4Ghzワイヤレスであること。最近は殆どがBluetooth式で便利ではあるのですが、スリープからの復帰にかなりのタイムラグがかかり、気の短い人はストレス必然(笑) こいつは昔ながらの方式なのでほとんどタイムラグを感じずストレスを感じません。

a1_20180702115855154.jpg
また特記したいのが、カンマキーがあること!これは本当に便利で感激します。私は英語キーボードを常用しているので、日本語のキ-アサインだとカンマに違うキーが割り振られますが、Digio2では問題ありませんでした。他にも()キーがあるので、ちょっと計算式を立てるときには便利です。贅沢をいうと=キーがあれば本当に完璧だったのですが。

安価なメンブレンなのでタッチは貧相ですが、実用的には差し支えありません。ストレスのないワイヤレス、半角カンマを即入力できる便利さ~意外な拾い物でプチ幸せです(笑)

関連記事

コメント

非公開コメント