ベラスケスに脱帽!兵庫県立美術館「プラド美術館展」

1_20180828011933671.jpg
先日、兵庫県立美術館で開催中のプラド美術館展へ行ってきました。かねてより見たかったベラスケス、マドリードならぬ神戸でじっくり鑑賞することができてナイスな一日でした。平日なのでそれほどの人手ではありませんせしたが、外人客が多かったノイはのにはびっくり。半数はアジア系の人たちで占められていたのではなかったでしょうか。観光地と違ってさすがにお行儀の良い人ばかりで、こちらも気分良く鑑賞できました。


マネが「画家の中の画家」と呼んだベラスケスは、卓越した技法の持ち主として知られていますが、実際に現物をみて納得できました。どの絵も「鏡のようなリアリズム」で描かれているのですが、そばに寄って見るとディティールが荒いタッチで省略的にすばやく描かれており細かくは判別できないことに驚きました。同時代の他の作家たちの作品も並べられていましたが、いずれも丁寧に細密的に描かれているとは対照的で、さすがの一言。

460px-Velázquez_-_Francisco_Lezcano,_el_Niño_de_Vallecas_(Museo_del_Prado,_1643-45)
代表作の一つ「バリェーカスの少年」、よかったですねぇ。しばし見とれて立ちすくみました。ベラスケスは当時虐げられる存在であった矮人たちや下級層の人々を描いていますが、この作品を見ると彼がなぜ彼らをモデルとして選んだが、なんとなくわかるような気がしました。かれはきっと宮廷画家の枠を超えたヒュマーニストでありたかったのでしょう。ベラスケスの傑作といえばそのだまし絵的な構図の「女官たち(ラス・メニーナス)」が有名ですが、さすがに国宝は持ち出せなかったのか、今回見ることはかないませんでした。が素晴らしい作品を7点も鑑賞できて十二分に満足できました。

今回はベラスケスだけでなくティツィアーノ、ルーベンスなどの巨匠たちの作品や大好きなグレコの小品などもあって、満足度100%。意外に魅入られたのがポデゴン(スペイン静物画)のコレクションを展示したブース。とても素敵な時間を過ごせました。

2_20180828011931d90.jpg
毎回思うのがこの美術館の不可解不思議な通路計画。安藤忠雄の美的センスには頭が下がりますが、もう少し高齢者たちのことも考えてくれ(笑)
関連記事

コメント

非公開コメント