ミニ三脚プチチューン Velbon ULTRA 353 mini

0_20190528173752fcd.jpg
昨今カメラの高解像度化が著しい。私が愛用しているマイクロフォーサーズでも例に漏れず、先日来使いだしたエントリークラスのE-M10MarkIIIでも1605万画素ある。個人的には800万画素もあればいいんじゃないと思っているぐらいなので、この先どうなるのやら。そこで気になってきたのが、以前より増えてきた微ブレ写真の増加~高解像は手ブレに悪い。もちろん手ブレ機能も年々性能が強化されているが、やはりマクロや超望遠域では気になるところ。

散歩の暇つぶしに路傍の草花をよく撮るが、やはり微ブレ写真が多いのが気になる。そこで思い切って軽量かつコンパクトに収納できるベルボン ULTRA 353 miniを購入した。このミニ三脚は評判がよく、登場以来のベストセラーである。特長はベルボン独自のダイレクトコンタクトパイプで、皆さんよくご存知の脚パイプをクイッとひねって伸長させる仕組みだ。

3_201905281737461f9.jpg
私も愛用者で一脚、三脚ではお馴染みだが、ミニ三脚では初めて使うことになる。購入した大きな理由は最低地上高を他のミニ三脚より低くとれるということ(ロアーコラムを外すと130mm)。縮長188mmとコンパクトながら全高477mmとれることもポイント。

付属の雲台はQHD-33である。カメラネジ用の独立ダイヤルが付いていてカメラの装着は非常に便利。またティルトさせるための開口が前後2箇所に設けられているため。操作の自由性が高い。見た目より固定力に優れており、以前からお気に入りの雲台の一つ。難点はアルカスイス互換アダプター装着モデルがないこと。そこでアルカスイス互換プレート用に小型雲台を新調してみた。

2_201905281737447b0.jpg
今回試してみたのはCHIHEISENNというメーカーが出している小型雲台MT20H(写真右)。いわゆる低重心雲台で見た目はナイス。プレートを含めた高さが68mmと低く地面の草花を撮るためには都合が良い。重量は200gで付属のQHD-33(写真左)の130gより重いが、シューアダプター付きなのでむしろ軽いぐらい。

コンパクトながら直径28mmのボールを採用しているので固定力は十分。軽く締めるとティルト方向がまず固定され、さらに締めるとパン方向が固定される。つまり力加減次第でパノラマ撮影ができる仕組みを持つ。聞き慣れないメーカーだが、機能性が高く質感もよい。価格は3,000円とリーズナブルで、コストバリューは抜群。

4_20190528173747e00.jpg
ULTRA 353 miniはミニサイズながら全高477mmまで伸ばせるが、もう少し伸ばせると更によい。そこでベルボンから他機種用のロアーコラムを取り寄せてみた。長さは200mmなので、必要なときに装着すると全高は677mmまで伸ばせることになる。

5_20190528173749cd9.jpg
早速フィールドに持ち出して試用してみた。三脚の効果はやはり抜群で、等倍チェックをしても微ブレはしっかり抑えられていた。長さは20cmに満たず重さも670gなので、カバンやリュックに放り込んで携行してんも負担がない。ブレ写真を量産するのは僕の特技なので、少しはましになるかと期待している(笑)

Velbon 卓上三脚 ULTRA 353mini 5段 ウルトラロック 自由雲台付
CHIHEISENN 低重心自由雲台 パノラマ対応
関連記事

コメント

No title

この三脚の古いモデルを使っています。
しっかり系ミニ三脚の中ではバランスの良いモデル。
雲台は取り替えてますが、QHD系は使い方次第ですが良いモデル。
私的にはラフに扱える雲台という認識です。

この低重心雲台もいいですね。
今風ですw

No title

ホント息の長いモデルですねぇ。
ミニ雲台ながら驚異的な伸縮率です。
非公開コメント