関西人なら黙って!おうちたこ焼き(笑)

0_201908141821001de.jpg
関西人なのでもちろんこなもんは大好きである。しかし長らく糖質制限(半分ウソ)をしているので、以前と比べるとお好み焼き、そば焼き、たこ焼きを食べることは年に数回あるかないか。しかし先日、家人が「たこ焼き粉(日清製)がまだ残っているよ」というので、急遽食材消費もかねて、おうちたこ焼を作ってみることにした。写真はイワタニの推薦たこ焼きセット(笑)

1_2019081418205283b.jpg
偶然ながら、我が家のたこ焼き器も鉄板もイワタニ製である。プロや識人に言わせると、熱源は電気でダメでやはりガスが良いらしい、うむ。偶然ながら条件は満たしているぞ~

2_20190814182053aaa.jpg
久しぶりのたこ焼きに用意した新兵器である。右は粉つぎ、従来はお玉とボールでちびちびやっていた。使ってみると嘘のように便利で、プロが使うのが納得できた。手入れもフッ素コーティングで楽ちん。お好み焼きにも使えるぞ。左は可愛いタコ付き油引き。こいつの特徴はキッチンペーパーを使えるということ。これは素晴らしいアイデアで使い捨てができるから後始末が楽だし、油がたっぷり引けるなど実用性も十二分、おすすめ。

3_20190814182055c98.jpg
老眼なので気が付かなかったが、アップで見たら、タコが腕組みしていた(爆)

4_20190814182056bde.jpg
家で作るたこ焼きはお店のそれと比べると、たまの大きさが小さくて貧弱だ。調べてみると大きく作るコツは、たっぷり粉を流し込むのがコツらしい。幸いこのイワタニ製たこ焼き器は、縁が高くて多少流し込んでもこぼれないようになっている。商品開発の人たち偉い。

5_20190814182058a1c.jpg
たくさん流し込むほど、まとめるのは難しくなる。そこは手先の上手な家人に任せて完成!昔は明石焼き風に作っていたが、今回は外はカリカリ、中はフワフワに挑戦。

6_20190814182051ae0.jpg
ソースと出汁で喰ったがお味はなかなかだった。久しぶりのたこ焼きパーティ、ビールも弾んだが、翌日きっちり1kgも体重が増えていた(泣)
関連記事

コメント

非公開コメント