マイクロフォーサーズ応援団

ときどきB級フォトギャラリー

410&510兄弟をゲット!


一昨年にコニカミノルタα7Dを入手して以来、αSweetD、α100と一眼デジを使ってきましたが、大層なシステムの割りにはいまひとつ画質に納得できず、むしろ抜群のコンパクトさと、一種独特な写りの個性が気に入ったGR-DIGITALを手始めに、G7、GX100、TX1と、コンデジを愛用してきました。もっとも、いくらコンデジの写りが良いと云っても、フォーマットの差は乗り越えられません。

一眼デジは最近始めたバードウォッチングウェポン用に期待していたのですが、現行αのAFシステム、モーター被搭載レンズでは、まったく歯が立たず、ほとんどお蔵入りになっていました。動体撮影では定評のあるCANONへの乗り換えも検討しましたが、太古の昔、世界初コンピュータ搭載のEFを使って以来、Canonの一眼レフには縁がとんとありません。F3やEM、ブロニカを使っていた所為もあるかも。

フォーサイズにはまったく興味がありませんでした。ミノルタのファインダーに惚れて、α7Dを購入したぐらいですから、あの小さくしょぼいファインダーを見ると萎えます。しかしE400を媒体で見てから、評価が変わりました。クラシックな小型一眼レフカメラのスタイルです。若いときオリンパスのOM10を使ったこともあるので、懐かしさもひとしお。しかしながら写真で見てもプラスチッキーなチープ感は否めません。気に入ったのは質感より絶妙なパッケージです。

グリップを辞めたというのは大英断です。この会社が大勢に媚びない主張を持つというのは、これだけでもよく分かります。現在では、この手のカメラはグリップ付きが当たり前になっており、カメラは右手で支えるというのが常道になっていますが、昔はレンズを持つ左手で支えるのが当たり前でした。古い世代の管理人には苦でもありませんし、親指でシャッターを押すという芸も使えます(爆)

といっても410が発売されてもすぐ購入しませんでした。やはりフォーサイズは敷居が高かったですし、αのZeissレンズ群も魅力があったからです。しかしある日、オリンパスから100-300mm望遠の発表が。シグマのOEMのようですが、手持ちで換算600mmは魅力です。これなら、絶大なISを持つ510と組み合わせると、鳥見に使えそうです(AFはどうなのよ…)。そこで購入を前提にwebでzuikoユーザーの動向をチェック。

オリンパス使いのフォトログを見て、感心したのは総体写真の上手い人が多いと云うこと。目の保養になりました。次に驚いたのがzuikoレンズの解像感です。Webでもそこらはある程度わかります。フォーマットが小さいので被写界深度が深いというだけではなさそうです。またいわゆるコダックブルーも気に入りました。Canonが好きになれないのはあのぺろんとした色作りですから、その反対をいく色作りには好感を持てます。

もっとも現在ではコダックのCCDから松下へ移行していますので、抑えられた色目になったようです。SONYほど巧妙な色作りのセンスではありませんが、ちょっとアンバー気味に寄ったポジのような色調はお洒落です。レトロな色目とでもいうのでしょうか。

ということで8月の中旬、まず510が我が家にやってきました。即日テストの結果、手持ちのαより好結果が得られたので、翌日410を追加。先日よりNIkon、Canonから凄い商品が軒並みリリースされていますが、横目で見つつ、まずはこの小型機コンビで遊んでいきたいと思っています。※E3はどうなったのでしょうかね?


沖を見つめるサギ 【鳴尾浜にて】 E510 40-150mm

関連記事

2 Comments

釣り侍  

No title

笑魚さん
オリンパスに乗り換えられたのですね
E-3なかなか発表されませんね。今年中に出して欲しい。
40D(低価格に驚きました)、D300の凄いスペックにどう対抗してくるのだろう?楽しみです。キャノンユーザーの私としてはオリの強力なダストリダクションが非常~にうらやましいところです(笑)

2007/08/26 (Sun) 17:45 | EDIT | REPLY |   

笑魚  

No title

コメントありがとう。
D40発売されましたね。価格もずいぶん安くなって!
と思っていたら、NikonのD300,D3が驚愕の登場!!
ついにNikonもフルサイズへ。
何より凄いのはD300のスペック、直接ライバルのD40がかすみます。
二大メーカーが本気になって喧嘩をすると、SONY,ペンタ、オリはかすみますね(爆)

2007/08/27 (Mon) 00:14 | EDIT | REPLY |   

Add your comment