真打ち登場!DMC-GX7MK2 レビュー ボディチェック編

1_20160518232423663.jpg
予約していたDMC-GX7MK2が届きました。初期ロットを外す習慣のある私が予約、あるいは販売初日に購入したMFTカメラといえば、過去G1、E-M1、LX100ぐらいですので、私の期待の大きさをわかっていただけると思います。大ヒットしたGX7の後継機を待ちわびていたファンに対する回答がGX8だったことに対して、がっくり膝をついたのは私だけではなかったはず(笑) そんなファンの思いが通じたのか予定売上が不足したのか、今に至ってGX7の正統的後継機が出てきたことにパナの改悛が感じられて興味深いです。

2_20160518232423bf6.jpg
名機GX1のブラッシュ版ともいえるGX7は、わたしもしばらく使いましたが、GRのそれをゴツくしたようなグリップがどうにも好きになれませんでした。そのような声が大きかったのかどうか、今回のGX7MK2のグリップはシンプルな形状に変更されました。コンデジライクなスリムなデザインですが、指掛かりはまずまずでホールド感は悪くありません。その他、外観的にはティルトEVFが廃止されたぐらいで、操作系に大きな変更はありません。

3_20160518232425a47.jpg
今回チョイスしたのは、Leica15mmF1.7がセットされたレンズキットです。ズミルックスの名が冠せられたこのレンズ、中途な焦点距離にもかかわらずなかなか評判がよく、私も一度使ってみたいと思っていました。このレンズを同梱してきたあたり、開発陣の力の入れようが伺えます。ノスタルジックな絞り環はパナライカやフジ機に採用されていますが、機械絞りではないため昔のようなクリック感がなく、ちょっとしたはずみで動いてしまうのが大難点。このレンズの絞り環の節度はぎりぎりセーフで、なんとか使えそうです。MFTのように深度の深いレンズは、基本絞らずに使うことが多いので絞り感の必要性は感じませんが、ちゃんと使えるならば、ないよりあったほうが嬉しいですね。できれば距離目盛も復活させて欲しい(笑)

5_20160518232428d70.jpg
デザイン的にはGX7よりGX8に近いですね。ソリッドな造型で悪くありませんが、毎度ながら色気がないです。特に軍艦部はシンプルというより、何か大事なものをつけ忘れたような感あり。GM1のデザイナーに担当させれば、もっとハンサムなカメラを作ってくれると思うのですが。ライカ登場以来、色気はカメラという道具では一番大事なもので、ここだけはオリを見習って欲しい。また最近のパナ機の傾向として、あからさまなコストダウンが目につきます。そこはかとないプラスチッキー感、およそ金のかからなさそうな造型(金型)、おそらく全メーカーで一番手抜きの取説など。触感塗装を施してきたG1の頃と比べると手慣れた分、志が低くなりました。

4_2016051823242686b.jpg
オリの25mmF1.8を装着してみました。ペンタ部のないRFスタイルのカメラなので、やはり小さな単焦点が似合いますね。このカメラの売りは強化されたボディ内ISということなので、今後オリレンズの出番が多くなるかもしれません。ちなみに12-120mmズームもセットしてみましたが、ややミスマッチでした。大柄のズームはやはりG7やE-M1のほうがマッチングします。

6_201605190103024eb.jpg
操作系についてはG7(左写真)から、4Kボタンが新設され若干ボタン位置が入れ替わっているぐらいで、大きな変更、見直しはありません。望遠をバリバリ使うような人なら、シャッターモードダイヤルやAFモードレバーが装備されているG7やGX8のほうがよいかもしれませんが、スナップ用途なら十二分かと思います。パナ機に馴染んだ人ならマニュアル不要で、すぐ馴染むでしょう。ここはオリンパス機と大きく違う所で、年々取説を読むのが面倒になってきている人間にはありがたいです。

数あるMFTのラインナップでも、GX7MK2のようなアッパーミドルクラスは企業の屋台骨でもあり、初心者からマニアまで幅広いユーザーに応えなければいけないカメラです。本日の締めとして「こいつは汗と涙と技術を投入した力作じゃあ!」といいたいのですが、価格的にもライバルで、ごっつう別嬪のE-M5mk2と並べると、う~んどないやろ、大根足でも僕は好みやけど。

※試写については次回に





関連記事

GX7MK2 LEICA15mmF1.7

4 Comments

Hiro Clover  

No title

GX7 Mark II、予約されてたんですね!
GX8の発売からまだ一年も経ってないのを考えると、GX8は大きさが受け入れられなかったんでしょうねぇ(汗)

プラスチッキーなところは残念な感じですが、従来比で約1/10のシャッター衝撃という新開発のシャッターが気になりますね。

ローパスレスに5軸ボディ内ぶれ補正と、中身は少しずつオリに寄ってきてる感じがしますが、ボディ内ぶれ補正とレンズ内ぶれ補正は、オリ、パナ、共通でシンクロさせて欲しいですね。

2016/05/19 (Thu) 16:59 | EDIT | REPLY |   

川越  

No title

形についてはちょっと好みではありませんが、機能については興味津々です。試写も画像データのレビューだけでなく、シャッターの感触、歩きながらの抜き打ちショット(?)でのピンなど、スナップでの使用感も期待しています。

2016/05/19 (Thu) 17:15 | EDIT | REPLY |   

monopod  

Hiro Cloverさん

上級機に関しては、ボディ内ISはぜひ相互乗り入れしてほしいものですね。
ただ小型化とISはトレードオフなので、GMシリーズが好調?なパナがどうしていくか見ものではあります。

2016/05/20 (Fri) 04:17 | REPLY |   

monopod  

川越さん

ご期待に応えられるかどうかわかりませんが、とりあえず実写編をアップしましたので、ご笑覧ください^^

2016/05/20 (Fri) 04:19 | REPLY |   

Leave a comment