マイクロフォーサーズ応援団

ときどきB級フォトギャラリー

Manfrotto ギア雲台410


室内の物撮り用にはずっとジッツオのアルミ小型三脚を使っています。小振りですが剛性が非常に高く、適度な重量があるためカーボンより安定もよく気に入っています。雲台にはベルボンのマグネシウム3wayを使っていたのですが、気分転換がてら新しい雲台を物色することに。

本来は軽量シンプルな自由雲台が好きなのですが、室内ならやはりオーソドックスな3way式がベターです。そこで以前から欲しかったギア雲台をポチッと逝きました。知る人ぞ知る最強物撮り雲台として定評がありますが、面白いことに星見マニアにも人気があるそうです。大中小3つサイズが用意されているのですが、ジュニアギア雲台と呼ばれる一番小さい410をセレクトしました。それでも1.22kg、中判用クイックシュー付です。

さてやってきたギア雲台、予想通りでかくて重い(汗) 写真でもおわかりのように小型の三脚ではちょっとバランスが悪いです。バタ臭いレトロなデザインですから、これも古臭いジッツオにはとてもマッチします。操作そのものは3wayと同じなので戸惑うことはありません。大ぶりのギアダイアルを回すと、じんわりヘッドが回転します。通常の3way雲台はレバーにトルクをかけるとフレーミングがずれるため、微妙に傾きを加減して補正する技が必要ですが、ギア雲台ならシビアなフレーミングが思いのままです。これなら星見の人が欲しがるという理由がわかります。

「これはよい買い物をしたわい、うふふ~♪」
問題がないわけでもありません。微動ダイヤル以外にもすばやく角度調整ができるようクラッチダイアルが付いているのですが…クラッチを外すのにかなり指先に力が必要、なんでよ~(笑) だいたい外国の道具って高くて重くて固いというのが当たり前で、この雲台も例に漏れません。改良を待つより筋肉を鍛えた方がよいかも(爆) まぁマンフロットのギアはいくつか買いましたが、良くも悪くも期待を裏切られません~さすがハリウッド御用達です。
関連記事

5 Comments

raspy  

No title

おおー
いいなぁ
ちなみに外出三脚だと何がオススメでしょうか。今はいたって普通のアルミ三脚を使っているのですがやや剛性に不満が……石でも持ち歩けばいいのかな。

2008/11/10 (Mon) 23:13 | EDIT | REPLY |   

monopod  

No title

こんにちは、raspyさん。
カメラと同じで、三脚は撮り方や好みがあるのでなんともいえませんね(^^;)
カメラと違うところはいいものを買うと一生ものだと云うことです。
望遠用途か室内用とか旅行用とか使い分けると、バッチリですね。

2008/11/11 (Tue) 20:45 | EDIT | REPLY |   

raspy  

No title

答えにくい質問ですいませんでした。
操作性に不満はないので、いきなり三脚にはいかずにとりあえず三脚に付くフックとケーブルレリーズを買ってきました。ふんわりとした押し心地です。G1もこういうボタンだったらいいのに……

2008/11/12 (Wed) 00:25 | EDIT | REPLY |   

toshi5702  

No title

雲台は、じっさいに使ってみて使用感がわかるものですね・・

2008/11/14 (Fri) 17:48 | EDIT | REPLY |   

monopod  

No title

こんばんはtoshiさん。
道具はやっぱり使ってみてなんぼですね。奥が深いです。

2008/11/14 (Fri) 23:20 | EDIT | REPLY |   

Add your comment