歓談する婦人たちと超伝導電磁推進船ヤマト1


時代を先駆けた実験船。冬の陽光が空力フォルムを目映く包んでいた。
関連記事

コメント

No title

monopodさん、こんばんはです。
ホ~!ヤマトをこんな風に切り取ったのは初めて見ました。
これはお見事ですね!
こうやって見ると背景のビルなんかとマッチして近未来都市に見えますね。

No title

monopodさん、はじめまして。Chadieと申します。
昨年春よりカメラに目覚めまして、G9~早々に暮れにはG10へと乗り換えて気ままに写真を楽しんでます。
昨年から写真ブログを探して徘徊しておりまして、monopodさんのブログもちょくちょく拝見しておりましたが、G10をご購入された様子だったので初コメさせて頂きました。
ウチのG10はG9と比べて弱冠ピント合わせが弱い気がするんですが、monopodさんは如何でしょうか?
まぁ、まだ素人なもので気のせいかも知れませんが(^^ゞ
今後とも宜しくお願いします。

No title

「明日はこの美しい惑星を旅立たなくてはならない」という風情ですね。
カラーだとそんな風にもならないかも。古典的なSF映画のようです。お邪魔しました。

No title

これもなんというか、もったいないような展示ですよねぇ。
鳩の住み家になってますし^^;

No title

dejikajiさん、ありがとうございます。
人影がうまくうまく重なってくれました(^^)

No title

初めましてChadieさん。
コメントありがとうございます。
たしかにG10のAFは被写体によっては迷いますね。
チューニングが最適化されていないのでしょう~ファームウェアで改善されるかもしれません。
これからもよろしくお願いします(^^)

No title

masashiさん、こんばんは。
わぉ、ずいぶんロマンチックですね(^▽^)
たしかにカラーだとイメージが却って貧困になりますね。

No title

arufilmさん、こんばんは。
解体されるよりいいかもしれませんが、できれば海の上で走って欲しいですね(^^)b
非公開コメント