駿馬とカラス


薄暮に立つ馬とカラス、似合わない道連れだが余人の知らぬ伝説があるのかもしれない。
関連記事

コメント

No title

うまいことカラスが止まりましたね。
それを見逃さずにシャッターを押すmonopodさんもさすがです。

No title

このカラスはなかなかのスタイリスト(死語)ですね。
シルエットで見ると、なかなかすてきに見えます。
背景の空も綺麗ですね。

No title

馬の顔の向きとカラスの顔の向きが絶妙ですね。
どちらも気高い理想に向かって勇気ある前進をしているような―― 烏や馬の理想とは何か知る余地もありませんが(笑)
背景を含めてトーンの素晴らしさが画面を支配しているのが素晴らしい。

No title

こんばんはhalkyotoさん。
あはは、このカラスも彫刻なんです。
なんでカラスなの?という突っ込みはご容赦ください(笑)

No title

NeoNさん、こんばんは。
カラスって好きじゃないんですが、作者の意図はなんだったのでしょうか。
おそらく何かの説話が元になっているのかもしれません。

No title

ktokuriさん、ありがとうございます。
たしかに両者は何かの理想に向かって邁進しているように見えますね。
でもカラスの理想って…考えさせられるというか考えたくもないっていうか…
非公開コメント