マイクロフォーサーズ応援団

ときどきB級フォトギャラリー

決まったぜ!マンフロット680B改 自立式一脚


先日久しぶりに三脚を担いでいったのですが、移動を繰り返す撮影では三脚不利という事実が今更ながら身に沁みました。といって手持ちでは望遠マクロは厳しいのでせめて一脚は欲しいところ。しかし一脚は…処分して手元にありません(笑) 実は以前ブログにも書いたジッツオのカーボン一脚2561T、コンパクトでナイスな一品でしたが背の高い私には短すぎて…買ってから気がつく愚かな私。その後購入したInduroの自立式一脚もベース部の不具合でドナドナ。えいやっの通販に頼らざるをえない地方都市に住む身の悲しさです。

でもって再度一脚を物色することに。以前店頭で手に取り好印象だったのはマンフロットの自立式一脚682。素早くセッティングできるレバー式で、護身に使えるほど剛性感があります(笑) しかし一脚としては1.15kg69cmと重すぎ長すぎ~実用本位の業務用ですね。そこで工夫してみることに…コンパクト一脚680にユニバーサルフォールディングベース678を組み合わせてみたのです。なにぶんイタリア製なので嵌合部の収まりが心配でしたが、案外きっちり組み立てられました。ベース部は畳んでパイプ内に収納できますので、通常の一脚としても使用できます。

推定重量1.25kg(雲台含まず!)軽く金属バットを凌駕する重量、長さはバットより短い55cmに収まりホッ。この重さは伊達ではなく安物のアルミ三脚より剛性感があります。そのため大型雲台を着けてもマッチングします(写真参照)。マクロの場合しゃがんで撮ることが多いので、このようなスペースを取らない自立式一脚だとたいへん便利、レバー式なので素早い移動も楽々です。と云いつつ、この手の新兵器は毎回後悔の連続なので、一抹の不安がないわけではありません(爆)
関連記事

2 Comments

sakujeep  

No title

こんばんは、
なぜか?ハウルとか、千と千尋とかのキャラクターを思い出します。
下の3本足は、たわんでワナワナしないのですか?
うーん、とても刺激的です。

2009/08/31 (Mon) 01:59 | EDIT | REPLY |   

monopod  

No title

sakujeepさん、どもです。
見た目は華奢ですが、無垢の鋼材なので頑丈ですよ(^^)
その分、重くてとほほです(笑)

2009/08/31 (Mon) 02:23 | EDIT | REPLY |   

Add your comment