B級ライフログ

ときどきマイクロフォーサーズ応援団

E-510 ファーストレビュー


E-410と併せて購入しました。
ボディは1台でも間に合うのですが、レンズ交換をする手間がなんとも煩わしく撮影リズムが悪くなります。そこで荷物は増えますが、昔から僕はボディを2台持ちます。軽量のE410にはショートズーム、手ぶれ防止のE510には望遠がピッタリですね。どちらも軽量コンパクトなので、2台のボディ+3~4本のレンズの携行ぐらいなら、既存のシステムよりずっと楽チン、手持ちのドンケF-6に充分収まります。

●画質・AWB・露出・シャッターなど
E410と同じです。十字ボタンなどの操作性は向上しています。

●手ぶれ防止
効きは強力です。体感的には、α100より効果はありそうです。テスト撮影の中でボツと思われるカットは数点以内でしたので、歩留まりはいい方でしょう。

●ホールディング
小さいボディですが、グリップ感は悪くありません。KissDigitalXよりは上かな。グリップの形状に工夫がなされているのでしょう。

【総括】E410にグリップを付け、手ぶれ防止機構を搭載した兄弟機ですが、やはりコンセプトが違います。E410は世界最小最軽量、グリップレスのデザインから見ても唯一無比の存在です。ですがE510は一回り大きく価格も高くなるため、既存のDSLRと競合します。コンパクトさと強力なISだけでは、シェアを獲得してゆくのは難しいでしょう。Aモードのようなオンリーワンの機能が欲しかったですね。


ピザを召しませ 【北野坂にて】

関連記事

0 Comments

Add your comment