マイクロフォーサーズ応援団

ときどきB級フォトギャラリー

新世代ジッツオGT2331を試す



パノラマ撮影用の機材を先日から徐々に取り揃えています。三脚は手持ちから使えばよいのですが、モチベーション重視の管理人としてはやはり新機材を…(笑)そこで今回はジッツオの新世代アルミ三脚GT2331を試すことにしました。この三脚はジッツオ流に云えば2型に属し使いやすいサイズです。

ジッツオはこれで7本目になりますが、相変わらず所有欲を満足させてくれる質感と造型には惚れ惚れ。カーボンも3本ばかり使いましたが、私の好みとしてはジッツオはアルミそれも古い世代(フランス時代)が一番。ジッツオと云えばやはり重厚なノアール・デコール塗装と造り込まれた金属感でしょう。そういうトラッドな価値観を一新したのがこの新世代ジッツオ、ちょっとデザインがモダンすぎて手を出しかねていたのですが、スペックが問われないパノラマ撮影用にはリーズナブルなこの機種がベストと判断し購入に至りました。実は古典的なリンホフも候補に入れていたのですが(笑)



さて現物を手にしてびっくり!アルミとは思えないほど軽い。ジッツオのアルミは頑丈だが重いという先入観が消し飛びました。薄手パイプやバサルトコラムなど新素材の採用が効を奏したようです。負荷をかけて揺すってみましたが2型カーボンより捻れには強いと見ました。Gロックは快適の一言、ジッツオファンならこれだけでも買い替える値打ちがあるかも。

ジッツオは見栄と評価する人もおられますが、見えないところにもコストが掛けられシステムが標準化されていますから高価な理由も納得できます。例えば脚の石突部には各種アタッチメントと交換できるようW3/8ネジがインサートされていますが、国産とは一味違う丁寧な仕込みと精度には感心します。GT2331はジッツオとしては非常にリーズナブルで、国産カーボン並みの価格で購入できます。しっかりした三脚を検討されている方には候補の一つとしてお勧めです。モダンジッツオ、伝統の意匠ではありませんが三脚受難時代に生き残るプロダクトデザインの意気を感じます。
関連記事

2 Comments

acielmd  

No title

こんにちは。
凄いモチベーションですね。
僕は最近機材に対してのこだわりを失いつつあります。
要は楽に写真んが撮れれば良いと・・・(^^:)

2010/07/10 (Sat) 11:38 | EDIT | REPLY |   

monopod  

No title

acielmdさん、実は僕もデジカメ離れしつつあります。
三脚はメカなのでデジより執着しているのかもしれません(^◇^;)

2010/07/10 (Sat) 21:00 | EDIT | REPLY |   

Add your comment