マイクロフォーサーズ応援団

ときどきB級フォトギャラリー

うすくち龍野醤油資料館にて


贅沢に設えられたファサードに醤油で栄えた龍野市の栄華が偲ばれます。この手の施設は閑古鳥が鳴いているのが殆どですが、レトロでお洒落な外観が受けるのか、この博物資料館には多くの観光客が訪れていました。規模としては小さい博物館ですが、醤油という身近な食品がテーマなので結構興味深く閲覧できました。異人館と酒蔵が合体したような面白い建築で、なかなか面白かったです。ところで関西人にはなじみ深いうすくち醤油、大豆が原料と思っていたら、小麦や米もインストールされているとのこと、知りませんでした。

うすくち龍野醤油資料館>>江戸時代から戦前まで醤油作りに使われた道具類と醤油造りの作業工程を展示紹介。菊一醤油本社社屋として建てられた後ヒガシマル醤油の先代本社として使用された。平成19年、県の景観形成重要建造物に指定された。【wikipediaより要約】












龍野編これにて終了。
関連記事

10 Comments

rpkm23524  

No title

関西人にとって、うすくち醤油は欠かせぬ調味料ですし、
言うても天下のヒガシマルですから、私も含めて興味は
皆さんお持ちなんでしょうね(^.^)
被写体として、この建物はすごく魅力的ですね。

いいモノ見せてもらいました。ありがとうございます。

2010/12/10 (Fri) 08:57 | EDIT | REPLY |   

getteng  

No title

monopodさん、
いい色になっていますではなく、いい色で撮ってますね。
なるほど、薄口醤油色ですか!

2010/12/10 (Fri) 13:52 | EDIT | REPLY |   

yama3-blog  

No title

歴史的な建物ですね。保存状態もよく、これからも大切にしなければなりませんね!
6番目の絵は、かまどかストーブの焚き口のように思います。それも石炭を燃料とした感があります・・。

2010/12/10 (Fri) 18:36 | EDIT | REPLY |   

blackfacesheep  

No title

お~、こりゃ素敵な建物ですね~、スクラッチタイルの雰囲気が表現主義っぽいです~♪
私は近代建築が大好きで、ひところ地元のめぼしいところを撮り歩いてたことがあります。
愛知県の半田も醸造業で栄えた町で、やはり大手の酒屋さんやお酢屋さんが、こういう博物館を一般に開放してますよ。
徳川家康の故郷、岡崎には赤出汁味噌の味噌倉見学が出来るカクキューもありますね~♪

2010/12/10 (Fri) 23:18 | EDIT | REPLY |   

monopod  

No title

rpkmさん、私が育った家はずっと東丸でした。しみじみ~

2010/12/11 (Sat) 00:46 | EDIT | REPLY |   

monopod  

No title

gettengさん、あはは。ちょっと濃い口に仕上げて見ました(笑)

2010/12/11 (Sat) 00:46 | EDIT | REPLY |   

monopod  

No title

yamaさん、これは材料の仕込みに使ったボイラーみたいです。

2010/12/11 (Sat) 00:47 | EDIT | REPLY |   

monopod  

No title

黒顔羊さん、地元の建築を撮り続けている写真愛好家って結構多いと思います。
私も地元北野町をライフワークで思っているのですが、すかたんなスナップばかりでお茶を濁してます(^^;

2010/12/11 (Sat) 00:49 | EDIT | REPLY |   

川越  

No title

初めておじゃました。
素晴しい写真の数々、1枚1枚じっくり見せて頂いていますが、言葉もありません。すばらしいです。またちょくちょくおじゃまさせて頂きます。

2011/05/07 (Sat) 17:27 | EDIT | REPLY |   

monopod  

No title

川越さん、初めまして(^^)
しょぼいブログですが、お近づきになれれば嬉しいです。よろしくお願いします。

2011/05/08 (Sun) 10:07 | EDIT | REPLY |   

Add your comment