新・神戸百景 三宮元町地下連絡通路


リニア駆動で走る神戸地下鉄海岸線の開通に伴って整備された地下道です。旧居留地の北側に沿って位置しているため利便性の高い地下道ですが、商業施設などは誘致されていないため、いささか殺風景です。そのためか通路の壁面に電飾されたアートや旧い神戸を紹介した写真が飾られています。今日はその中から2枚の作品を紹介します。新聞社の提供でしょうか、大好きな写真です。

ちぎれるほど手を振る女性、出航していく沖の船には愛する人が乗っているのでしょうか。私の父親は船乗りでしたので、この女性の気持ちが良くわかります。いまより外国がはるかに遠かった時代、ジャーニーでセンチメンタルな一枚です。

先代の日本丸、あるいは海王丸だと思います。一度見学したことがありますが、ナイスな船でした。ブイの上で羽根を休めるカモメ、沖に見える一文字は釣りの名所和田防でしょう。埋立で全国に名を馳せたポートアイランドもまだ姿を見せていません。昭和30年、奇跡の戦後復興を遂げつつある時代の一コマ。
関連記事

コメント

No title

神戸も少しずつ変わって行きますね。
本当に長く神戸に行っていません。
先日訪れた大阪も大きく変わろうとしていました。
そして、東京も大きく変わっています。
変わりゆく風景を見ながら歳をとっていくんでしょうね。
写真は、時間を封じ込めてくれるのでいいですね。
  

No title

商業施設の入っていない地下通路の方が,ごちゃごちゃしていないぶん
景色として見るには美しいですね。

No title

一枚目、いいですね。腕伸ばしました?
逆さまにすると面白いです。
新宿に天井の低い通路がありまして、いつか天井にカメラを
つけて写そうかなと。(笑)
船関係の写真は出会いと別れのドラマを感じさせることが
多いですね。

No title

こんにちは。

ノスタルジックでいい写真ですね。戦後、日本は復興しました。
今回も必ず復興します。二枚目は、ぐっとくるものがあります。

No title

monopodさん、
広島のgettengです。
これらの古い懐かしい写真の展示はそれこそナイスですよ。

No title

こんばんは
こう言った古き時代の写真を展示するのは良い事だと思います
華やかなポスターも見栄えが良いと思いますが、心に感じる物を展示した方が愛着を感じますね

No title

震災後の神戸も是だけ復興されたのですから
今回も必ず復興しますよね。
色々な思い出と共に・・・

No title

昭和30年代の横浜大桟橋の汽船の出港を思い出します。
貨物船に乗ってナホトカに渡り、シベリヤ鉄道で欧州へ・・
そんな計画を企てていたころの思いが過る写真です。

No title

一枚目のカーブを描く照明、実に素敵な構図ですね~♪
また、その照明のグラデーションを生かすためにモノクロ・・・さすがさすがのセンスなんであります。^^v
センスと言えば、真ん中の手を振っている女性の写真・・・
う~ん、素晴らしいですね~、それを撮ってしまうmonopodさんのセンスも素晴らしいです~♪

No title

swingphotoさん、歳をとるほど写真に記憶を求めますねぇ(^^)

No title

halkyotoさん、たしかにここはスッキリしてます、愛想ないです(T_T)

No title

genesishomeさん、ちょっとトリミングしたので手を伸ばしたように見えるのだと思います(^^)

No title

roganさん、不死鳥は焼け跡から再生します。必ず(^^)b

No title

gettengさん、旧い写真は心を和ませてくれます、僕も歳かも。

No title

シマシマさん、ビジュアルなポスターも悪くありませんが、こんなのも素敵です。

No title

koumonomioさん、以前三島由紀夫が言っていたのですが
日本は木造ですから所詮石造建築とは耐久性が比較になりません。
再生新生することが日本文化なんですね。もっといいものを作り出すのです。

No title

yamaさん、シベリア鉄道ですか~ロマンチックですね!

No title

黒顔羊さん、ありがとうございます。
二枚目の写真、すごくしびれるでしょう、こんなに愛される人は幸せです。
非公開コメント