広角専用機を仕立ててみた PEN E-PL8

1_20171030222937866.jpg
LAOWA7.5mmF2を気に入ったので、超広角専用機を仕立ててみました。レンズ交換式に超広角専用機というのもおかしいのですが、気分的にはフィルム時代の距離計を省略した目測カメラへのノスタルジーです。メカ的には露出計さえあれば間に合うので、バルナックライカをちょっぴり彷彿とさせるE-PL8の黒ボディを選びました。

液晶は下側へ180度開く自撮り仕様です。個人的にはバリアングルよりティルトが好きなのでこれで良しとします。家人と行楽に出かけたときの記念撮影には自撮り棒とコンデジという組み合わせが多いのですが、これからはこのカメラでも間に合わせることができます。

2_20171030222938e68.jpg
たしかにこのボディには小ぶりでメカニカルなオールドテイストのレンズが似合います。およそ貧弱な指掛かりが前面に設けられていますが、見た目とは裏腹にけっこう役立ちます。シンプルでカメラデザインを邪魔しない優れパーツです。盟友パナソニックよりはやはりセンスは少し上ですかね(除くGMシリーズ)

手のひらでつかめるコンパクトなボディですが、意外にずっしり持ち重りがします。昔の金属製カメラのフィーリングですね。これははこれで悪くはありません。小型レンズと組み合わせてもポケットサイズではありませんが、小さなショルダーに収まるので機動性は抜群です。

3_20171030222939072.jpg
しかし裏側を見るとがっかりの一言。E-PL6/7の使い回しということはわかっていますが、ファサードのファッション性はここにはなく、狭いスペースにボタンを押し込んだだけ~操作性も窮屈の一言。はっきりいって最近のできの良いコンデジよりデザインも操作性も低いと言わざるをえません。安いカメラではないのだから金型の使い回しもほどほどにしていただきたい。

このカメラに外部EVF用のシューはいらなかったのでは。なければずいぶんスッキリするし、液晶パネルを下方へ開くという苦肉の策も必要なかったでしょう。オリンパスという会社は凝り性のくせに横着なものづくりを時々します。社風ですかねぇ。さて散歩ついでに試写をしてきました。

▼LAOWA 7.5mm F2 すべてJPEG撮って出し ピクチャーモード:ビビット

5_20171030222946367.jpg
この広がり感はナイス。垂直方向の傾きに気をつければ強烈なパースを抑えられます。


7_201710302229457b7.jpg
つまらない構図ですが、視界を取り込めるというのは格別。


8_20171030222947a50.jpg
一見ピンが来ていませんが、ピクル等倍ではしっかり解像していました。


6_2017103022294239c.jpg
模範的超広角の図(笑)


9_20171030222935562.jpg
超広角かつF2.0開放で寄るとシチュエーションごと面白い絵が撮れます。嵌りそう(笑)

試写の結果、このレンズとE-PL8との相性は悪くないという結果になりました。GX7mkIIよりはコンパクトですし、機能的にも十分です。本当はIS内蔵&自撮り液晶付きのニューGMを待ちわびているのですが。まずはE-PL8を使い込んでみます。

OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ボディー ブラック
【国内正規品】 LAOWA 単焦点 広角レンズ 7.5㎜ F/2 MFT マイクロフォーサーズ用

超小型超広角レンズ!LAOWA 7.5mm F2 MFT

1_201710261449129e1.jpg
先日よりコンパクトな超広角レンズを物色していたのですが、色々悩んだ末、売り出し中の中華ブランドLAOWAの7.5mmF2を購入しました。昨今は日本製といっても一部のハイエンド以外はほとんど外国製ですし、急速に品質を向上しているので、以前より安心感はあります。LAOWA7.5mmを選んだ理由は、何よりそのコンパクトさにあります。50✕50mm(170g)は、マイクロフォーサーズの小型単焦点レンズたちとサイズ的に遜色ありませんし、フードまで含めるとピカイチにコンパクトです。

今年の6月に発売されたレンズですが、このところ大型化が目立っていたメーカー製MFTレンズとは大きく異るコンセプトが支持されたようで、この手のレンズとしては意外に売れたようです。そのためどこも完売在庫切れでしたが、先日予約していた分が入荷し、ようやく届きました。現在市価65,000円程度ですが電子接点なしMFであることを考えると、安いのか高いのか微妙な値付けです(笑)

2_20171026144913512.jpg
今回の購入にあたって、検討したコンパクト超広角レンズは以下のとおりです。

●LUMIX 7-14mm 一番候補~悩みましたが、フレアゴースト問題や出目を好きになれず
●LEICA 8-18mm 高性能だが予算オーバー。フードを装着するとかなり大きい
●M.ZD 9-18mm  コンパクトかつ素晴らしいレンズだが、ろくろ首スタイルが悲惨(過去に購入)
●E-M 11-22mm EOS-Mの看板ズーム。安価だがロック解除が面倒(過去に購入)
●1 NIKKOR 6.7-13mm サイズ、画質、操作性すべてよしだが、肝心のマウントが終了(過去に購入)
●SONY 10-18mm 使い勝手のよいズーム域だが、ボディに比して大ぶり。画質的には平凡(過去に購入)

LAOWA7.5mmは上記のレンズたちより一回り小さく、フィルム時代のレンズを彷彿とさせるレガシーなルックスはマイクロフォーサーズのボディにマッチします。ミニマムなサイズながら、F2.0とレンズが明るいことも購入の理由。天気が良かったので早速GX7mkIIに装着して近所の空き地で試写してみました。▼以下全てJPEG撮って出し。夕暮れ時なので色温度低め。特記なき場合、絞りはF5.6~8

3_20171026160231f51.jpg
左→やはり換算15mmは広いです。右→24mm(12-40mmPRO)と比較するとこれだけ違います。アスペクト比が3:2なので、実質16mm対25mmぐらいでしょうか。

5_201710261449184e7.jpg
クローズな空間だとより画角の恩恵を享受できますね。左)15mm 右)24mm


51_20171026144925d3d.jpg
歪曲はまずまず補正されています。ワタシ的には撮って出しで充分使えます


6_20171026144919fd0.jpg
まずまずの解像感。周辺の光量落ちや流れ、解像度低下は特に大きくは感じません


7_20171026144920466.jpg
やはり直射日光を入れるとフレア、ゴースト出ます。撮影時は構図に工夫が必要


8_20171026144922f75.jpg
E2.0絞り開放で寄るとボケを楽しめます


9_201710261449235bf.jpg
最短撮影距離12cm(0.22倍)なので超広角マクロもOK。※左からの斜光でゴースト出現


91_20171026144926b75.jpg
MFレンズはMicro Nikkor55mmF2.8S以来で9年ぶり~最近は目が悪くなっているのでAF任せです(汗) MFといってもこのレンズは超広角なので目測でOK。MFTは被写界深度が深いので、風景なら距離指標を無限付近に合わせ、F5.6~8に絞っておけば充分。フィルム時代のことを思い出しながら撮影を楽しみました。まだ使い込んでいませんが、ファーストレビューとして第一印象をまとめてみました。

◎超広角単焦点 MFTでは唯一の存在。小さい単焦点を求める人には他の選択肢なし
◎換算15mm 18mmでは画角不足のシーンも。15mmならほとんど切り取れる
◎作り込み カメラ好きが喜ぶメカニカルでクラシックな佇まい。ねっとりした操作感も良
◎必要にして十分な画質 ゴーストや光量落ちも含め、これ以上の性能向上は大きさとトレードオフ
◎フィルター装着可能 私はつけない予定ですが、人によっては喜ばれるでしょう

△距離指標の信頼度? 検証していませんがどうも怪しそう~無限もオーバーインフだし
△フードの固定がゆるい ロックがないためすぐ外れて落ちるという報告があります
△微妙な価格 やや高めの値付け~5万円ならバリューですが。中華ブランドの地位向上を感じます

✕レンズキャップ 設計不良!指作で掴めません(笑)パナソニック謹製と交換しました
✕レンズ正面の文字印刷 いくらなんでも大きすぎ。フィルター装着時の反射が気になります

このレンズについてはすでに詳細なレビューがネットに報告されており、私も概ね同じ評価です。やっぱりなぁ~という残念な点もありますが、後数年ですればコシナクオリティに追いつくのではないかと感じました。MFTの単焦点超広角レンズとしては唯一無二の選択肢ですが、とりあえず期待を裏切られることはないかと思います。コンパクトさが売りだったMFTも、昨今は高級大型化が進んでいます。しかしMFTの最大メリットはサイズバリューの良さ。海外製レンズに代替えしなくとも済むよう、既存プレミアムレンズのリニュアル、より一層の拡充をメーカーにはお願いしたいです。

【国内正規品】 LAOWA 単焦点 広角レンズ 7.5㎜ F/2 MFT マイクロフォーサーズ用

M.ZD 30mm F3.5 Macro 実写レビュー

6_20170719184354dc5.jpg
先日、ご紹介したM.ZD 30mm F3.5 Macroをフィールドに持ち出してみました。マイクロフォーサーズらしいコンパクトな鏡胴は、写真のGX7mkIIやE-M10mkIIにマッチングします。先行機種より半段暗い仕様ながら、35mm換算2.5倍相当と超寄れるマクロ性能には驚き桃の木。クラス的にはキヤノンのEF-M28F3.5マクロ(倍率1.9倍)と競合しますが、キヤノンはLEDという飛び道具がある代わりに、お約束の沈胴解除に加えてレンズの繰り出しが必要という、気の短い人間なら発狂しそうな仕様です(笑)

電源オンですぐに接写に入れるのは、当たり前ながらありがたい限り。最新設計ですから画質的にはノープロブレムでしょうが、問題はAF速度~低コントラスト、あるいは風にそよぐ草花にどれだけピントが追従するか? ボディはGX7mkII、JPEG撮って出し

1_20170719182354bc1.jpg
曇天で発色は今ひとつでした。パナボディなので色乗りはいいです。


2_20170719182356b67.jpg
AFビシビシ~爆速パナ30mmに迫る速さ。ボディ側DFDの恩恵かも?


4_20170719182358ac5.jpg
ワーキングディスタンスが短いので、こわごわ近づいています(笑)


5_201707191824007c7.jpg
きれいな円形のボケ~しっかり作られた絞り羽根です。


7_2017071918240132e.jpg



71_2017071918240452d.jpg
ピクセル等倍。風でかなり悪い条件でしたが、ピントさえくればかなりなもの。


3_20170719193649eca.jpg



31.jpg
ピクセル等倍。たしかに寄れます~感覚的にはコンデジマクロです(笑)


8_2017071918240378e.jpg
もちろん一般撮影OK~よく解像しています。

懸念だったAFについては、兄貴分の60mmやパナ45mmより快速です。もっとも白っぽい低コントラストの被写体では迷うこともしばしば。デフォーカスした時は距離の調整やコントラストの高いエリアでリトライする工夫が必要です(釈迦に説法ですが)。あとは反射防止レンズコートのクオリティがアップしてくれればよいのですが。もっと抜けが向上するはず~PROクラスではないので仕方ないですかね。

レンズのことではありませんが、今回GX7mkIIの追尾AFを初めて使って感激の嵐! 従来ミラーレスの追尾AFはほとんどおまけで位相差AFのような実用性はありませんでしたので、用意されていることすら長らく忘れていました(笑) 被写体が風に揺れるのため「なんとかならんか」と設定を弄っていて発見(その程度のカメラマンとお笑いください)、試してみるとバッチリ追尾してくれます!

タッチパッドAFと組み合わせると屋外マクロ撮影には強力の一言。これはきっとDFDの威力だと思います。最近はオリの像面位相差AFばかりが喧伝されますが、どっこいパナも進化してました。E-M1mkIIのサブとしてE-M10mkIIを持ち出していましたが、これからGX7mkIIが多くなりそうです。

OLYMPUS マイクロフォーサーズレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

ビギナーに一押しマクロレンズ M.ZD 30mm F3.5 Macro

1_20170716232951bfe.jpg
コンデジが売れなくなったと聞いて久しいですが、いいものはやはり売れるようで現在一番の売れ筋はオリのTG-5だとか。小さいセンサーの利点を活かし上級機には真似のできない芸を持つ一品。このシリーズはずっと買い続けているのですが、なんとメーカー品切れですぐ入手できませぬ。そこで腹いせ代わりに購入したのが、このM.ZD 30mm F3.5 Macro(笑)

デビュー以来よい評判しか聞きませんが、兄貴分の60mmF2.8マクロが秀逸の玊なので、現在に至るまでM.ZD30mmF3.5には特に興味は湧きませんでした。それでも某評論家一押しですし、同じ焦点距離の名玉パナ30mmF2.8と比較してみたいこともあって、価格の安さにつられてついポチリ。フォサーズ時代の名玉5020には出来の良い弟分3535がありました。どちらとも使ったことがありますが、ズイコーの名を辱めぬナイスな玉でした。

2_20170716232952265.jpg
オリンパスでは中級ゾーンのプレミアムシリーズに属するレンズで、精緻な質感とまでいきませんが、決してチープな作りではありません。レンズ先端から14mmという特別に短いワーキングディスタンスのためか、フードは付属していません。そこで手持ちのエツミ製46mmフジツボフードを装着しました(写真左)。今回に限りレンズガードはパス、レンズキャップとして市販の37mm汎用品をフードの先端に着けてみました(写真右)。フィルム時代のニコンレンズはフィルターサーズが52mmと62mmに統一されていて、使い回しがきいて便利でしたが、マイクロフォサーズも46mmが多くて便利です。もっとも最近は大口径化が進んでいますが。

3_20170716232954178.jpg
ワーキングディスタンス14mmを実感するのが写真左。フジツボフードが接地した状態ですが、これでもピントが合います(写真右)。換算2.5倍は伊達でなくレンズガードを装着する余裕はありません。1/2.3センサーのコンデジでも1cmといえば寄る方なので、このレンズの設計者はよほどのマクロオタクですね。そもそも各社ともマクロレンズといえばナイスなレンズが揃っていますが、その中でもオリのそれは昔から評判が良く、デジタル時代に至ってますます変態度が進んでいるようです(笑)

5_201707162329495b4.jpg
肝心の写りといえば「うむ!」の一言。上級機より半段暗いF3.5は絞り込むことが多いマクロ領域ではハンデになりませんし、その分軽量コンパクト化に貢献しているはず。標準系マクロの短いワーキングディスタンスは昆虫などを撮る上ではマイナス要因ですが、反面ビギナーには距離感を掴みやすいというメリットがあります。AF速度は予想より早くパナ30mmF2.8に引けを取りませんでした(ボディはGX7mk2)。デフォーカスの頻度も少なく使いやすいの一言。実写レビューは次回にでも。

OLYMPUS マイクロフォーサーズレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

超強力テレマクロ!M.ZD 300mm F4 PRO

1_201706270111036e0.jpg
オリンパス謹製300mmF4を購入した目的は野鳥撮影ですが、花や昆虫などのネーチャーフォトにも使いたいという思いがあります。なかなか使う機会がありませんでしたが、先日仕事の合間をぬって六甲高山植物園へ、エーデルワイスを撮りに出かけました。ここは小さな高山植物を柵越えで鑑賞するというスタイルなので、正統的なマクロレンズではワーキングディスタンスが不足します。

そこで今回はテレコン付きサンヨンを持ち出しました。念のため60mmマクロも用意しましたが、結果的には使いませんでした。結果から言うと、昆虫撮影の先達たちのレビューとおり、極めて満足の行く結果が得られました。下手な作例ですが以下のとおりです。

2_2017062701110500b.jpg



3_201706270111068c5.jpg
当初花を撮っていたのですが、よく見ると小さな虫たちがアチラコチラに。マクロレンズと違って離れたところから撮ることができるので、逃すことなくファインダーに収められます。久しぶりに熱中して家人を置き去りに(笑)

4_20170627011109059.jpg



5_201706270111099d0.jpg



6_20170627011111708.jpg



7_2017062701111338c.jpg



8_20170627011114bd8.jpg
テレコン付きサンヨンだと、倍率は35mm換算で0.48×1.4=0.67倍、ワーキングディスタンス1.4mになります。超望遠840mmで手持ちマクロというのは、普通なら考えられませんがE-M1の強力な防振性能でなんとか撮れました。今回は動体ブレへの対処もあり、私としては珍しくシャッター速度優先で撮りましたが、結果として歩留まりは良かったです。マクロ域のAFCについては今後の課題。風に揺れる花や虫相手には使えると思うのですが、なにぶん練習不足でいけません。

9_201706270147522dc.jpg
使いこなすと面白そうなので、これからのトンボシーズンにはバンバン持ち出そうと思ってます。この手の写真は膝をついて撮ることが多いのですが、なにぶんマクロとはいえ超望遠なので、構図に被写体を導入するのも風がやむのを待ち続けるのも大変です。そこで次回は照準器と一脚を持ち出すことにしました。そこらの新機材については次回にでもご紹介します。

奇跡の星の植物園にて M.ZD12-100mmF4を使ってみた

01_20170625185336b0a.jpg
淡路島BBQ(前回記事)後、「奇跡の星の植物園」へ回ってみました。ここは数年前にも行ったことがあるのですが、なかなか安藤忠雄氏の設計と相まって環境づくりがとても個性的で、再訪するのを楽しみにしておりました。また購入して以来出番の少ないM.ZD12-100mmF4PROを使ってみてやろうという魂胆もあります。

植物園ということで60mmマクロも持っていったのですが、12-100mmの使い勝手がナイスでレンズ交換しませんでした。まぁ1本で済ませられるというのがこのレンズの売りなので、良しとします。ボディはここへ来てぐっと信頼感が高まったE-M1markII、JPEG撮って出しですが少し調子を整えています。

02.jpg
このような大空間では超広角が欲しいです~Leica8-18mmいつ買えるかなぁ(-。-)


03.jpg
便利ズーム&高画質で引き寄せられるのが、このレンズの長所。※82mm相当


04.jpg
しかし白飛びに強くなりました。オリンパス偉い。※48mm相当


05.jpg
この構図から・・・ ※70mm相当


00_20170625192032f3a.jpg
ぐっと寄れるのがこのレンズの凄いところ。※24mm相当


07.jpg
AF任せで苦労せずに寄るとこんな感じ。最広角+MFならもっと寄れるはず。※46mm相当


06_20170625185342917.jpg
一応玉ボケも出ます(笑) ※70mm相当


08.jpg
スーパー寄れるレンズとして評判の12-40mmPROと同じ倍率0.3倍(換算0.6倍)ですから、一般的な花相手ならハーフマクロとして十分使えます。フォーマットを活かしたオリンパス設計陣の確信的行為ですね(笑) 倍率こそ専用マクロに勝てませんが、ズームという飛び道具を活かしてフットワーク良く撮って回るなら、このレンズはうってつけです。

個人的には接写リングの装着を企んでいます。フィルム時代に一度購入しましたが、あまりの使い勝手の悪さにほとんど出番がなかったという悪い記憶しか残っていませんが(笑) このレンズなら解像感の低下も抑えられるでしょうし、AFや手ブレ防止も効くのでけっこう使えるのではないでしょうか。無限遠こそ出ませんが、疑似ズームマクロとして面白いかなって思ってます(昔ニコンのマイクロズームが欲しく指くわえてました)。購入して使えるようでしたら報告しますね。



leica100-400mmの存在理由

2_2017050200540573c.jpg
ちょっとオリの300mmF4PROを試写してみて、その解像力に感じ入りました。現在M4/3の超望遠は300mmズーム(換算600mm相当)を含めると計4本がラインナップされていますが、高画質を保証されているのはオリのサンヨンとライカ銘の400mmズームになります。絶対的性能でいえば、本来ズームが苦手とするテレ端と単焦点サンヨンのそれを比較すると、絶対的な解像力の差がはっきりと認められます。野鳥撮影において彼方にいる野鳥の羽毛のディティールをきっちり写し取ろうとすれば、M4/3では現状においてサンヨンが唯一の選択肢になります。しかしレンズの性能は解像力だけではありません。

1_20170502005404fe1.jpg
2つを並べてみるとサイズの違いが明らか。400mmズームはサンヨンより一回り小ぶりで、重さも1kgを切っておりサンヨンより285gも軽いです。マイクロ・フォーサーズのメリットを具現化した超望遠ズームレンズですね。従来使っていたミラーレス用カメラバッグに400mmズームならなんとか入れられますが、サンヨンは二強の200mm大口径ズーム並みのサイズなので、DSLR用のカメラバッグが必要になります。サンヨンと比べられることの多い400mmズームですが、野鳥マニアならともかく一般的な望遠撮影なら十分な画質で、便利なズームの恩恵を受けられます。テレ側F6.3に抑えられているとはいえ600mm相当域ではF5.6で、決して暗いというほどではありません。

取り回しのサイズ、画質、価格を考慮すると、あらゆるマウントの中でも現在もっともバリューのある超望遠ズームレンズではないでしょうか。サンヨン用に新しく大きめのカメラバッグを購入しなければいけなくなった管理人の感想です(笑)