B級ライフログ

これからも無駄に生きていこう

TOP > 三脚研究室

E-M1 mark II専用アルカスイス互換プレートを試してみた

E-M1 mark II専用アルカスイス互換プレートを試してみた

初代E-M1では専用のアルカスイス互換プレートを装着して重宝していたが、二代目ではリアリーライトスタッフ製の高価なものしか市販されておらず、ちょっと手が出なかった。しかし先日、ダメ元で大陸製を試してみたら、結果が良かったので報告する。製造元は私も時々利用するMENGS。まずまずのクオリティのものを安価に届けているメーカーだ。作り込みが悪いとか精度が低いというレビューがあってやや不安だったが、届いた現物はカ...

... 続きを読む

No title * by M2pict
E-M1 Mark II はとても良いボディですが、純正のプレートは無いし、サードパーティ製も選択肢が少ないんですよね。
このプレート、中古だと逆に値段が上がりそうなコスパの凄さが光ります。

Re: M2pict さん * by monopod
たしかにコスパすごいです。
僕のような貧乏人には福音です(笑)

管理人のみ閲覧できます * by -

Re: カギコメさん * by monopod
全然OKです。
また遊びに来て下さいね。

Comment-close▲

プチ便利かも REC-MOUNTS 1/4ネジ変換アダプター

プチ便利かも REC-MOUNTS 1/4ネジ変換アダプター

アルカスイス互換クランプは三脚を使う上で確かに便利な代物で、今や標準装備になりつつあるが、万能というわけではない。例えばプレートを予め装着する必要があるため、小さなコンデジ相手だと面倒お気軽さがスポイルされる。といってスイスタイプ互換クランプをねじ付きに戻すのはまず無理な相談。そこでこんなものを考えてみた。REC-MOUNTSというメーカーから発売されている1/4オス変換アダプターにアルカスイス互換の小さなプ...

... 続きを読む

なんと!アルカスイス互換スマホホルダー Ulanzi

なんと!アルカスイス互換スマホホルダー Ulanzi

面白いものを入手したので紹介することにした。自撮りではよく使われるスマホホルダー(写真右)だが、なんとアルカスイス互換クランプ(写真左)に対応しているのだ。材質はかっちりした金属なので、ちょっと目方はあるがガジェット好きなら気にならないだろう。Ulanziというマイナーなメーカーが出しているが、尼価格1,800円(送込)とリーズナブルである。大陸のカメラ用品は玉石混交で探せば面白いものがある。アルカスイス互換...

... 続きを読む

最強卓上三脚! Leofoto MT-03 + LH-25

最強卓上三脚! Leofoto MT-03 + LH-25

最近購入したカメラ用品で特に感心した卓上三脚を紹介する。前回紹介した Leofoto MT-01+LH-25の兄貴分Leofoto MT-03+LH-25である。オール金属筐体で質感、操作性、剛性とも文句がない出来だ。現代のアルカスイス互換雲台の雄といえば、米国Really Right Stuffだと思うが、そのコピーから始まりながらも追いつき追い越せの精進が、この三脚に結実しているように思う。よくある大陸製コピー商品とは一味違う。一番の特徴はジャック...

... 続きを読む

超小型ながら強力な雲台!Leofoto MTB19

超小型ながら強力な雲台!Leofoto MTB19

タイトル通りサイズに見合わない強力なミニ雲台と三脚を入手したのでご紹介する。メーカーはいま売出し中のLeofoto、品質に拘った三脚づくりで定評がある。形態的にはとても珍しい倒立型の雲台で、僕の知っている限りでは独NOVOFLEXのボールヘッドぐらいだ。脚は同じくLeofoto製の卓上三脚MT-01と組み合わせてみた。これはご存知Really Right Stuffのコピーだが、決して劣化版ではなく、見た目が良い上に恐ろしく頑強だ。残念だが...

... 続きを読む

36mmボールは半端ない MENGS BH-36 低重心雲台

36mmボールは半端ない MENGS BH-36 低重心雲台

先日、ベルボンのミニ三脚ULTRA 353 mini用に購入した小型雲台MT20Hがナイスだったという記事を書いた(写真左)。200gと小型軽量ながら非常にしっかりした作りだったし、低重心フォルムが格好いい。そこでミニ三脚から外して手持ち超短尺一脚(ベルボン ウルトラスティック スーパー8)に付け替えることにした(写真右)。ばっちりマッチングして大満足。そこで新たにULTRA 353用のボール雲台としてMENGS BH-36を新調してみた。...

... 続きを読む