B級ライフログ

これからも無駄に生きていこう

TOP > 2017年09月

昭和の名建築「白鶴美術館」

昭和の名建築「白鶴美術館」

先日三十数年ぶりに、神戸は六甲山麓、住吉川西岸に佇む白鶴美術館へ行ってきました。白鶴美術館は嘉納治兵衛(白鶴酒造7代目)によって昭和9年開館され、空襲、震災など乗り越えてきた稀有な私設美術館です。和洋折衷のレトロな外観を持つ建物竹中工務店設計で、登録有形文化財に指定されています。今回は2017年秋季展ということで館所蔵の中国陶磁器を見学してきました。ちなみにこの美術館では古美術中心に国宝2件、重要文...

... 続きを読む

西宮市大谷記念美術館にて「ボローニャ国際絵本原画展」

西宮市大谷記念美術館にて「ボローニャ国際絵本原画展」

先日、西宮の大谷記念美術館にてボローニャ国際絵本原画展が開催されていることを知り、ちょっくら覗いてきました。世界の一流イラストレーターの作品を見られるということで、一度は見てみたいと以前から楽しみにしていました。大谷記念美術館は鉄鋼王と言われた実業家大谷竹次郎の家族より遺贈を受けた絵画作品と邸宅を元に開設された美術館です。訪れたのは初めてですが、とても立派な施設で運営管理も行き届いていました。今年...

... 続きを読む

トンボが来るベランダ

トンボが来るベランダ

ベランダに大きなランチュウ水槽をおいてあるせいか、時々トンボがやってきて羽を休めていきます。先日はサッシュにイトトンボが止まっていました。たまたま持っていたコンデジで撮ってみました。博物に詳しい家人に訊くと「アジアイトトンボ」とか。引っ越した頃は秋になると赤とんぼがたくさん飛んできてほんわかしたものですが、ここ二、三年はさっぱり見ていません。やはり小生物が生きていくための環境が悪化しているのでしょ...

... 続きを読む

逸翁美術館~小林一三記念館を訪ねて

逸翁美術館~小林一三記念館を訪ねて

池田市の逸翁美術館で開催されている開館60周年記念展「茶の湯道具始」が面白そうなので、家人と連れ立って訪れてみました。逸翁とは阪急東宝グループ創業者であり一流の文人でもあった故小林一三の雅号です。残念ながら例によって館内写真撮影禁止なので写真はなし。展示会自体は個人蔵とは思えないほどのボリュームでく一三翁茶道具コレクションの数々を楽しませてもらいました。会場の端に教科書でおなじみの、重文の伝狩野光信...

... 続きを読む

推薦!竹中大工道具館

推薦!竹中大工道具館

先日、以前から興味津々だった竹中大工道具館へ行ってきました。神戸とはゆかりの深い竹中工務店が運営している、日本で唯一の大工道具を展示している博物館です。旧館は昭和59年神戸中山手に開館しましたが、その後JR新神戸駅近い中央区熊内町7の竹中工務店本社跡地に新築・移転し、平成26年から一般公開されています。いわゆる企業博物館ですね。入って驚かされるのがロビー。広くはないですが素晴らしい環境です建物は法面に建...

... 続きを読む

なるほど * by sakujeep
monopodさん
こんばんは。

台風影響は大丈夫でしょうか?

この館新神戸駅を利用する度に気にはなっていましたが、中がこんなに立派とは驚きです。
次回帰省時にはぜひ立ち寄ってみたいものです。

美しいお写真でのご紹介、感謝々々です。

To sakujeepさん * by monopod
ぜひお立ち寄りください。
かなり楽しめると思いますよ^^

Comment-close▲