B級ライフログ

これからも無駄に生きていこう

TOP > 2012年09月

こりゃ参った!SIRUI T-025

こりゃ参った!SIRUI T-025

コンパクトかつ実用性に優れた小型三脚といえば、ジッツオのトラベラーシリーズがそのアイデアと作りの良さで圧倒的な人気ですが、難点はやはりお高いこと。そのコンセプトをそっくり真似た製品が中国メーカーからも各種発売されていますが、数ある中でも一番小さいのがSIRUIのT-025です。いままで国内発売されていなかったのですが、並行輸入で注文できるようになったのでゲットしてみました。手にとって見るとこの小ささは驚異で...

... 続きを読む

No title * by hiro_clover
これまた良さそうな三脚ですね~。
マイクロフォーサーズなら十分安定して使えそうですね。(^_^)
う~ん、monopodさんのブログを見ると、三脚欲しくなりますねぇ。(笑)

No title * by aruphoto
これはいいですね!
望遠重視でなければ、ミラーレスにはちょうどいいサイズではないでしょうか。

No title * by swingphoto
これは、いいですね。
欲しい!

No title * by matsu
三脚は興味が無かったのですがDP2mを使い出して
必要性を感じ始めてます。このサイズは魅力ですね。

No title * by 川越
私はジッツォの1097という小型の三脚を使っていますが、こちらの三脚のほうがコンパクトでいいですね。ジッツォもいいのですが、ベルボンの小型雲台を付けて1キロ、47センチくらいになりますから、勝負あったって感じです。

No title * by chinpike
コンパクトでしっかりしたやつ欲しいのですよ。
もうちょっと安いやつ^^;

No title * by monopod
hiroさん、M4/3にぴったりなサイズです。
何より小さいのが良いですね。

No title * by monopod
aruphotoさん、カバンに入るというのが最大の魅力です。

No title * by monopod
matsuさん、お手軽お気軽な割には作りが良い三脚ですよ。

No title * by monopod
川越さん、縮長30cmといいのは正義です(笑)

Comment-close▲

新鋭SIRUIの一脚雲台と一脚を試す

新鋭SIRUIの一脚雲台と一脚を試す

一脚用といえば小型の自由雲台を組み合わせるケースが多いですが、一脚では雲台にパン操作が求められないので、マンフロットのティルト雲台のような一脚専用雲台のほうがはるかに使いやすいです。マンフロットの一脚雲台は操作性に問題はないのですが、安価な分やや仕上げが雑でボリュームも大きく、MFTのような小型カメラにはちょっと似合いません。そこで今回はSIRUIのL-10Xを試してみました。この雲台に合わせてカーボン一脚SIR...

... 続きを読む

No title * by M2_pict
毎度物欲を刺激されて困ります(笑
一脚と専用雲台も長年の課題なんですが、「良いもの欲しいけど現物みないと買えない病」がひどくて、未だに手にしていません。
ひとしきり悩んで、忘れた頃にひっそりと、、、(^^

No title * by toshi5702
自分は30年前の大型のジッツオ(8x10用)と中型、小型・・各一本
スリックマスター(学生時代に買ったもの)、ロケ用のハスキー
マンフロット一脚・・しかもっておりませんが・・・
M-3204+K30X を現在検討中・・(三脚の足を取り外して一脚にできるなんて面白いし・・)

No title * by swingphoto
夜のスナップに一脚を使っていたんですが
MMでは、なくても大丈夫かと思っています。

No title * by monopod
M2_pictさん、機材は一度は手に取らないとねぇ。
僕の近所ではカメラ以外の機材をおいてあるところは殆ど無いので、ネットで物色しているのですが
現物を見ず評判だけを頼りにしているので、やはりハズレが多いです(笑)

No title * by monopod
toshiさん、SIRUIはなかなかだと思います。
いまはメジャーになったBENROより、ものづくり精神は上かも。

No title * by monopod
swingphotoさん、一脚でちょっと支えるだけもで3段ぐらいの効果があるので
夜使うのは賢いですね。

Comment-close▲