B級ライフログ

これからも無駄に生きていこう

TOP >  未分類 >  1インチ2枚かい!RICOH THETA Z

1インチ2枚かい!RICOH THETA Z

Y3c9MTE3MCZjaD01MTM=_src_173090-glowne.jpg
新型GR IIIにうつつを抜かしていましたが、なんと同じリコーからTHETA新型がデビューしていました、それもとびきりのスペックで!その名もRICOH THETA V。過去THETAについてはTHETAm15から始まってTHETA SCと2台使ってみたのですが、大変面白いものの使いみちが難しいことに加え、画質的にもややプアで、やはり私のような高齢者が使うものではなく、アウトドア行動派の若い人たちが使ってこそ、値打ちがあるカメラだろうという認識でした。

1_201902271437284d3.jpg
しかし今度は1インチ2枚という贅沢な仕様、すばりプロ向けとか。若干大きくなったものの液晶も加わりカメラとしての格もなかなかのもの。もっとも価格も初値114,000円強で、気軽に手を出せる価格ではありません。しかし納得できる価格ではあります。一部のマニアのものだった全天写真を誰でも簡単に楽しめるものにしたTHETAは、リコーの目の付け所、開発センスの良さを具現化したカメラでした。しかしそれだけに真似た機種が続々と登場、このところ少し影が薄くなっていました。

img_z1_content1.png
しかし1インチ2枚とは思い切ったものです。この機種の登場でライバルたちを一気に周回遅れにしましたね。私は会社づとめの時代からリコーファン(OA機器)でしたので、昨今厳しい経営環境のリコーにもまだまだ元気が残っているなと少しうれしくなりました。
個人的にはAdob​​e Lightroomステッチを使用したRaw DNGモードに対応したので、いろいろ遊べそうです。その他絞りが搭載されたとか、プロ向けにかなり強化された機能が搭載されています。

1 (2)
手元に余裕ができ次第(いつのことかいな?)、購入したいと思っています。画質が大きく向上したので、全天カメラとしてよりも、超絶便利な超広角カメラとして使ってみたいです。従来の機種だと補正して切り出した静止画は画質的にかなり厳しかったのですが、海外のレビューサイト360 Rumorsでは、すでに作例が上げられておりなかなかの出来栄え。買い物としてはGR III優先ですが、ネットでのレビュー次第ではひょっとするとTHETA Zをポチッと逝ってしまうかも(意志の弱い私…)
関連記事

Last Modified : 2019-02-27

Comment







管理者にだけ表示を許可