B級ライフログ

これからも無駄に生きていこう

TOP >  B級フォトギャラリー >  久しぶりにGR IIIを使ってみた

久しぶりにGR IIIを使ってみた

1_20191202181103825.jpg




2_2019120218110546b.jpg




3_201912021811062f7.jpg


百貨店に行く都合があったので、GR IIIをお供に持ち出してみた。僕にとってGRは都会専用といってよい写真機で、特にそのモノクロモードはすこぶる簡単に目に映る印象を心象に置換してくれる。いまどきのデジタルカメラなら種々のモードやエフェクトを備えているのだければ、ことGRに関しては元祖GRD譲りのフィルムライクなチューニングで、一線を画している(と思う)。かえすがえす残念なことは、GR IIまでは装備されていたエフェクトブラケットがなくなったこと。以前はポジカラー、ハイコントラストモノクロ、ブリーチバイパスを登録していて、家に帰ってから被写体に応じて取捨選択していた。このカメラからできなくなったので困っている。例えば記念撮影、メモ撮影、作品的撮影と、都度イメージコントロールを切り替えねばならない。こりゃ面倒だわ。

まぁJPEGとRAWで撮っておいて、後でカメラ内現像という手もあるけれど、軽快さが売りのGRでは辛い。おそらく高性能化の反動で、電力消費とかレスポンスを鑑みて廃止したのだろうが、ぜひFWアップで復活して欲しい。FWアップといえばいつのまにやら1.3にアップしていたので、更新してみた。「暗所・低コントラスト時のマクロモードのAF性能を改善」とのことだが、かなり良くなったように感じる。以前はタコの一言だったが、これなら実用的にはOKかな。まめに改良を続けるのは、良き伝統なので今後も改善に勤しんで欲しい。※本日の撮影モードはハイコントラストモノクロ


関連記事

Last Modified : 2019-12-02

Comment







管理者にだけ表示を許可