B級ライフログ

これからも無駄に生きていこう

TOP >  スマホ・PC・ガジェット >  悪くはないが…Anker Soundcore Liberty Air 2

悪くはないが…Anker Soundcore Liberty Air 2

_4100019.jpg
以前からQiワイヤレス充電できるイヤホンが欲しかった。過去の経験から、私に合うストレスフリーのイヤホンはAirPodsと決めているのだが、Qi対応のAirPods Proだと、品薄の上に3万円を超える高額で貧乏な私には辛い。もう少しお手軽なものを探していたら、Ankerから出ているSoundcore Liberty Air 2がワイヤレス充電対応の上に、なかなか評判が良い。そこで試してみることにした。

_4100015.jpg
見た目はAirPodsタイプで、いわゆる黒うどん(笑)だが、インナーイヤー型ではなくカナル型になる。カナル型は苦手だが、これからのシーズン、自転車に乗ることが多くなるので、インナーイヤーよりはカナル型のほうが落とさないという安心感はある。さて届いたものを手に取ると、ケースも含めイヤホンの質感は悪くない。売価約1万円の価値はある。

_4100014.jpg
ワイヤレス充電はやはり快適、これだけでもプチ幸せになれる。充電器は同じAnkerのPowerWave 10 Padを使っている。充電自体に問題はないが、やや充電スポットが神経質でイヤホンケースを正確にパッドの中心に置く必要がある。またケースがやや熱を持つ。熱いというほどではないが、手持ちのiPhone11Proの方が温度上昇は少ない。

_4100017.jpg
さて我が家の標準原器であるAirPods(旧型)と比較してみた。使用スマホはiPhone11Pro.

  1. ケース:Ankerもコンパクトだが、明らかにAirPodsがひと回り小さく省スペース。
  2. 取り出しやすさ:Ankerは指かかりが悪い上にカチッとした脱着感がない。AirPodsの完成度は素晴らしい。
  3. 音質:AirPodsは私には必要にして十分。Ankerは中域が凹んだドンシャリ。ここらは個人の好みか。
  4. ペアリング:Ankerは左右が同時に接続できないことが多く手間がかかる。AirPodsはさすがの一言。
  5. 片耳使用:Ankerは左右どちらでも単独で使える仕様だが、実際はなかなかうまく接続できずリセットを要求される。この点AirPodsは自由に左右片耳↔両耳の双方向で瞬時に切替可能なため、シーンに応じた使い分けができる。
  6. 再生時間:スペック上はAnker優位。2年使ってきたAirPodsは電池のヘタリを感じる。

箇条書きにすると、Ankerが見劣りするが実際はそれほど大きい差はない。カナル型のファンで予算的に1万円以内というなら、悪い選択ではないと思う。ただし接続安定性という面でAirPodsは本当に強力で、これはスマホをAndroidに変えたときでも安定している。ただし音量をイヤホン側で変えられないタコ仕様。Ankerの音量調整(アプリでの事前設定が必要)は使いやすく明快でよい。

関連記事

Last Modified : 2020-04-12

Comment







管理者にだけ表示を許可