B級ライフログ

これからも無駄に生きていこう

TOP >  スマホ・PC・ガジェット >  地味にいいもの DAIAD マグネット充電ケーブル

地味にいいもの DAIAD マグネット充電ケーブル

111_1.jpg
ワイヤレス充電に慣れると、楽ちんすぎて充電ケーブルの抜き差しなんかやっていられない。しかしデバイス自体のワイヤレス化はまだまだこれからで、大方のものは面倒でもケーブルで抜き差しが必要。そこで僕は以前からマグネットケーブルやマグネット式充電スタンドを使っている。これだと抜き差しの手間が軽減され便利ではある。過去、Zinx digiを手始めにTOMSMOOのものを使ってきたが、規格が古くなってきて追加が難しくなった。各種の企画があるので統一しておかないと不便なのだ。

そこで今回、初めてDAIADという中華ブランドのマグネット充電ケーブルを使ってみることにした。充電オンリーのシンプルな形状のものでトラブルが少なそうだ。TOMSMOOのものはよく壊れたりすっぽぬけしたりすることが多くて、正直ストレスだった。このDAIADのもののプラグ部分を、手持ちのサンワサプライのものを比較したら、まったく同じで互換性があった。サンワサプライのマグネット式ケーブルはは長らく使っているがトラブルフリーなので、これも安心できそうだ。火でも吹いたら大変なので。

IMG_0915_1.jpg
こいつの便利な点は、プラグの向きを自在に変えられること、例えば写真ではまっすぐ挿入されているが…

IMG_0914_1.jpg
このように曲げていれることも可能だ。ケーブルがねじれないのでうまく収まる。初めて使ったが大変便利な機能だ。耐久性や充電性能が大丈夫か多少不安ではあるが、いまのところスマホやiPadで使った限り、発熱などの問題は出ていない。この手のケーブルはデバイス側に挿入するメスプラグがマグネットに負けて脱落することがよくあるが、こいつに関してはしっかり止まっていて問題ない。精度が高いのだろう。気の短い人にはおすすめの一品(笑) Amazonで見てみる
関連記事

Last Modified : 2020-09-09

Comment







管理者にだけ表示を許可