B級ライフログ

これからも無駄に生きていこう

TOP >  スマホ・ガジェット・PC >  バリューな活動量計!Xiaomi Mi Band 5

バリューな活動量計!Xiaomi Mi Band 5

122820.png
愛用していたスマートウォッチXiaomi Amazfit Bipが、なんと寝ている間に液晶画面部分が本体からポロリと外れてしまうという椿事に遭遇。もう保証期間も過ぎているし修理も高額だろうから諦めて廃棄(泣) その代わりにかなり安くなったApple Watch 3でも購入するかと考えたが、欲しい機能は時刻/カレンダー/曜日/歩数計なので、Apple Watchでは機能を持て余す。おまけに毎日の充電が煩わしい。ということで、最もシンプルかつベストセラーの活動量計Xiaomi Mi Band 5を購入した。

0ef65_555_530069e9892242350b41e4adc5531406_20201228163852f06.jpg
それにしてもXiaomi Amazfit Bipはナイスなスマートウォッチだった。なんといっても恐ろしく電池が持つ。GPSを使わなければ1ヶ月近く持つので充電を忘れるほどだ。とても軽量なこともよいが、付属のバンドが貧相な上装着しにくいので、ステンレスのメタルバンドに交換した。ブログを見たら2018年の11月に購入した記録があるので、丸二年間使えたことになる。代金は11,800円、もう少し持って欲しかった(笑) まぁそれなりのチャイナクオリティではあるが、ガジェットとしてはよく出来た代物でXiaomiというブランドに安心感をいだくきっかけになった。

122820_1.png
例によってホーム画面の着せ替えができるのはガジェット好きにとっては楽しい。しかし問題も発生。Amazfit Bipではそれほど気にならなかったが、Band 5は画面が小さい分、フォントも恐ろしく小さい。シニア世代では眼鏡をかけていても厳しい。そのためできるだけフォントが大きいウォッチフェイスを選んでいる。格好良く高機能なウォッチフェイスもあるのだが、老眼にはだめだ。

しかし嬉しいこともあった。愛用しているAirPodsは素晴らしいイヤホンだが音量調整が出来ないという弱点がある。そのためiPhoneをカバンから出して調整しなければいけないのだが、こいつはミュージックをコントロールできるのだ。音量はもとより早送り巻き戻しも自在だ。小さいのでタッチにコツが必要だが素晴らしい!また面白いのがシャッターボタンの機能。スマホカメラのリモコンとして使えるスグレモノ、早速使ってみてプチ感激。その他、通知や天気予報をショートカットに登録している。

肝心の電池持ちは一日5%程度消費している。抜き差しに便利なマグネット充電で煩雑さがないので、風呂に入る都度充電していれば十分だ。AMOLED液晶だからとてもキレイだが、デフォルトだと室外では画面が暗く視認しにくい。僕は二段階アップさせて使っている。スマホに入れる専用アプリ(日本語版)は使いやすくてよい。これが4,298円で購入できるのだから文句なし。Xiaomi Mi Band 5スマートウォッチグローバル版
関連記事

Last Modified : 2020-12-28

Comment







管理者にだけ表示を許可