B級ライフログ

これからも無駄に生きていこう

TOP >  おうちBARバンザイ! >  上沼恵美子謹製レシピのお好み焼きを喰ってみた!

上沼恵美子謹製レシピのお好み焼きを喰ってみた!


僕は千里万里の頃から上沼恵美子のファンだ。バラエティ番組は嫌いなのでTVでは見ていないが、ABCラジオの「上沼恵美子のこころ晴天」は毎週楽しみにしている。あの喋りのパフォーマンスは、今どきの芸人とは話にならないほど素晴らしい。しかし昨年来、TV局で降板や番組終了が重なり、TVで顔を見る機会はぐっと減ってしまった。ぼっとも僕は民放TVをほとんど見ないので困らないが、女帝とまで言われた人が消えていくのは寂しい限りだ。

ところがどっこい彼女はYouTubeに進出!シニア世代の芸人がYouTubeで自分のチャンネルを持つ事自体が珍しいし、企画から出演まで一人でこなすことも凄い。照明など専門的な分野はギャラを払ってプロに頼んでいるというから、軽薄なものは見せたくないのだろう。食うことに困るような人ではないが、老後の楽しみ、張り合いとして「上沼恵美子チャンネル」を開設したという。喋り芸だけでなく行動力も凄くて、世間から3周遅れている僕など恥じるばかりだ。

IMG_3298.jpg
若い世代が多いYouTubeの世界だが、デビューしたてにも関わらず再生回数は絶好調だという。さすが女帝と言われただけのことはある。先日は上沼流「お好み焼」が公開されていて、これが美味いと好評らしい。これは食べなくてはと家人に頼んで、レシピ通り作ってもらった。上沼によると、大阪風でも広島風でもないオリジナルだという。生地はごく少量のメリケン粉に卵を溶いたもので、粉焼きではなく卵焼き風なのがミソだという。

IMG_3301.jpg
キャベツ、紅生姜、天かす、ネギなどは順に混ぜて置く。鉄板の上で生地に豚肉を並べ焼けたら豚玉の出来上がり。比較的簡単に作れるレシピだと思う。

IMG_3302.jpg
上沼流レシピ+家人お手製のお好み焼き、早速昼飯として喰ってみたが、お味はなかなか。生地の軽い感じがいい。上沼氏、母ちゃん、ありがとう。
関連記事

Last Modified : 2022-03-10

Comment







管理者にだけ表示を許可