B級ライフログ

これからも無駄に生きていこう

TOP >  おうちBARバンザイ! >  どこまで続く日本酒の旅~京姫 純米大吟醸「紫」

どこまで続く日本酒の旅~京姫 純米大吟醸「紫」

IMG_5477.jpg
伏見の酒といえば、黄桜と月桂冠ぐらいしか知らないが、そんな下戸が今回は、家人がCOOPから仕入れた伏見の中堅どころ京姫酒造(きょうひめ)の純米大吟醸「紫」を試した。COOPはいいバイヤーがそろっているのか、ワイン、日本酒ともにリーズナブルで美味しいものをデリバリーしているからありがたい。

222_20230609223250e6c.jpg
この純米大吟醸「紫」は”ワイングラスで美味しい日本酒アワード2021"で最高金賞を受賞している一品だ。まぁこの手のコンテストは業界持ち回り的な感じがあって信用していないが、不味いものはやはり受賞しないだろうから、多少の肩書にはなると思う。さて冷やして飲んだ印象は純米大吟醸と謳われているだけあって、スッキリした喉越しながら、まったりした甘みも感じるから若い女性に親しまれる味だと思う。←毎回、貧困なボキャブラリーですまん(汗) ラベルを見ると精米歩合45%とある。やはり50%を切ると雑味をほとんど感じなくなる。精米は大事なんだと改めて思う。

関連記事

Last Modified : 2023-06-09

Comment







管理者にだけ表示を許可