有馬切手文化博物館にて

1_20190108184021dd5.jpg
温泉で有名な有馬に切手文化博物館(公益法人)というユニークな博物館があることを知り、家人と連れ立って行ってきました。私自身切手にそれほど興味はありませんが、小さな美術品と言われる切手を眺めること自体は嫌いではありません。小さい頃は切手ブームでどこの家でも集めていたものです。家人も時々面白い切手を買うことがあるそうで見学を楽しみにしていました。写真の建物は、盛岡市にあった馬事文化資料館「稱徳館」を移築したものだそうで、外内観ともになかなか立派な木造建築でした。

2_2019010818402233f.jpg
対象物がミニマムサイズの切手というだけあって展示は恐ろしく地味でした。飽き性の子供なら1分間で反乱を起こすでしょう(笑) しかし明治黎明期から現在に至るまでの展示は大変見ごたえがあり、時間が経つのを忘れました。デザイン関連という仕事柄、時代の変遷による意匠の変化や切手文化の移ろいを興味深く思いました。※館内撮影禁止。写真は神戸市広報より

5_201901081840193aa.jpg
この日は観察対象が極小というのがわかっていたので、家人ともども先日購入した単眼鏡を持参しました。ガラス越しに小さな活字や意匠の細部を拾うのに大変役に立ちました。家人は3倍のツァイスですが、近接すると20cmまで寄れ5倍のルーペになるのでこの日は大活躍。私の五藤光学製GT-M518(近接50cm)なので切手相手には寄りきれませんでしたが、大口径なので暗い館内でも明るい視野を提供してくれました。

3_20190108184024334.jpg
帰りは有馬の温泉街を少し散歩。前回来たのは10年前ですが、大きく様変わりしたことは外国人観光客が増えたこと。中国語がかしましく飛び交ってました。こんなマイナーな?山奥まで来るんですねぇ。どの看板類には外国語が併記されていました、うむ。

4_20190108184025b12.jpg
以前は懐かしい昭和のお店がそこそこ残っていたのですが、今回は殆どが近代的にリニューアルされ、町並みが垢抜けしていました。若い人には歓迎されるでしょう。ホテルや温泉旅館もモダンに改装されているようなので、一度宿泊してみようかと思っています。

7_20190108213741e3a.jpg
有馬土産といえば炭酸煎餅。好物ですが今回はこんなレトロなものを発見しました(^^)

探鳥日記 あら嬉しや~カリガネと初遭遇!

1_20190108000542d16.jpg
1月5日、稲美町天満大池で珍しくもカリガネが飛来していると知り、家人と朝から遠出。重たい三脚とフィールドスコープを担いで車を出た途端、いきなりの遭遇!初見でしたのでプチ感激。現地のバーダーに聞くと、カリガネが当地へ来たのはおそらく初めてで、一羽でいることから迷い鳥ではないかと。美味しそうにクローバーを啄み結構可愛かったです。

当日は野鳥用に購入したキヤノンSX70の試写を兼ねての鳥見です。セッティングはシャッター速度が最速となり比較的低ISOで撮れる絞り優先(すべて開放)ですが、結果はちょっと甘い画像でネット上の諸兄の作例には遠く及びませんでした。今後の研究が必要なようで次回改めて試すことに。※作例は必要に応じてトリミング、レタッチ施しています。

6_20190108001029e6e.jpg
天満大池は毎年通っており多様な水鳥を楽しめる我が家のホームグラウンドの一つ。


9_20190108000537c27.jpg
この日はやたらサギとカワウが多くちょっと怯みました(笑)


3_20190108000545319.jpg
毎年顔を見せてくれるミコアイサの♂♀。かなり遠方で白い点しか見えませんでしたが、デジタルズーム2730mmでバッチリ。画質はともかく証拠写真としては上等です。

11_20190108000540d44.jpg
南区画は公園としても整備されており、なかなかの景観です


8_20190108000535543.jpg
ジョウビタキ♂ちゃん


2_2019010800054352c.jpg
久しぶりに出会えたタシギ。デジタルズーム2730mm


10_2019010800053814e.jpg
飛びものも試したが、やはりコンデジでは追従も画質も厳しくせいぜいこのミサゴ程度。


5_2019010800054873c.jpg
こちらは近隣の金ヶ崎公園に居たシロハラ。近くならまずまずの画質

期待のSX70、光量があり中距離までなら画質、AF性能悪くありません。なにより軽量コンパクトなので気軽に鳥見を楽しめますし、21mm超広角から始める超望遠ズームはスコープ代わりに使えます。使いこなしに課題は残りましたが当分楽しめそう。当日出会えた鳥たちはカリガネ、ホシハジロ、ミコアイサ、タシギ、ユリカモメ、イソシギ、ハシビロガモ、カイツブリ、オオバン、ツグミ、シロハラ、モズ、ミサゴなど29種~大漁でした。

明けましておめでとうございます

5_20190104001241bbb.jpg
本年も拙ブログをよろしくお願いします。
昨年は思わぬ大病を患い、春から入院手術、療養を繰り返す日々でした。当ブログもなかなか更新をする機会、ネタがなかったにもかかわらず、入退院の折には温かいコメントをいただき感謝しております。早速今年も年明けから短期入院しなければいけませんし、夏頃まで入院と療養を繰り返す予定ですが、治療も山を超えたので一時よりも気が楽になっています。

若い頃から体だけは丈夫でしたが、やはり歳には勝てないことをしみじみ感じる今日このごろ(笑) 食事と運動不足には気をつけなくてはと思っていますが、根っからのサボり虫で年末年始にかけて暴飲暴食と朝寝を繰り返し、一気に太ってしまいました、トホホ。先日軽量ズームカメラと小型双眼鏡を入手したので、入退院の隙間を縫って散歩がてらにお気軽な鳥見を再開する予定です。今年もガジェット関連のレビューやカメラ日記を綴っていく予定ですので、よろしくお付き合いください。

バーダーズネオ一眼降臨!PowerShot SX70 HS

1_20181230000228f19.jpg
先日ポケットサイズのパナTZ90を購入しました。画質はともかくお気軽鳥見にぴったりで機嫌よく持ち出していたところ、明石公園でタカ2種の飛翔に遭遇!コンデジでは全く刃が立たず泣き別れ。また遠方で珍しいカモを発見しましたが、解像不足で同定に至らず。やはりこれはいかんわと改めて高倍率ズーム機を購入することにしました。パナFZ85は動体AFが魅力ながらもプアな画質とサイズで✕。panoramaheadさん激賞のニコンP1000は来年のシギチシーズンの楽しみにとっておくことに(笑) 

3_20181230000231347.jpg
購入したのは4年ぶりに更新されたPowerShot SX70。大ヒットしたSX60のブラッシュアップ機です。レンズ周りはそのままに画像エンジンがDIGIC 8に、手ブレ防止が5倍に強化されたモデルですが、ストロボシューが省略されてしまいました。そのため手持ちのデジスコドットコムDOS-HS06が取り付けできません(怒) 

2_201812300002300f6.jpg
そこでエツミのブラケットを使ってオリンパスEE-1を装着しましたが、ブラケットがEM1専用のため高さが13mmばかり不足。仕方ないので手持ちの部品を使って専用アダプターを作って解決。ボディが小さいので照準器がとても大きく見えますが、軽量なのでハンドリングは悪くありません。SX自体は610gですが照準器込みでも804g(バッテリー込み)なので、お散歩用鳥撮りカメラとしては気軽に持ち出せます。軽量なのでストラップもオプテックのコンデジ用をチョイスしました。クイックリリースできるので収納時に便利です。

4_2018123000023305e.jpg
高倍率ズーム機としてはずいぶんコンパクト。軽量なので小さめのグリップでもしっかり保持できます。プラスチック感100%ですが質感はそれほど悪くなく、キヤノンらしい手慣れた作り込みです。とりあえず近所で動作確認をしました。北風で野鳥は見当たらず(笑) ▼以下作例はJPEGすべて撮って出し

6_20181230000236593.jpg
オプティマイザONなので明暗部がそれぞれうまく補償されています


7_20181230000237e43.jpg
超広角21mmは使いであり~ナイスですねぇ


8_201812300002183dc.jpg
望遠のテスト、これは換算64mm


9_20181230000219626.jpg
光学ズームMAXの1365mm~いいんじゃない。1/640 秒 (f/6.5)ISO100


11_2018123000022258b.jpg
ピクセル等倍。センサーサイズや手持ち撮影であることを考えれば十分


10_20181230000221b02.jpg
デジタルズーム2730mm。証拠写真なら十分使えます(笑)


13_20181230010645e61.jpg
620mmとデジタル2730mmの比較。ちょっとシャープネスをかけると実用レベル


12.jpg
センサーが小さいので2m程度の距離からテレマクロ(1365mm)OK。昆虫撮影に◎


総じて好印象です。キヤノンらしいヌケの良い画質は万人向けですが、独断的かつ拡張性のない操作性はどうなんでしょう。強化された5倍手ブレ防止でも1000mmオーバーではブレブレ。重量級カメラよりブレやすいので安易な構え方は禁物。本日は晴天でまずまずの結果が得られましたが、曇天ではシャッター速度低下による手ブレ増加、あるいはISO上昇による画質低下は必然ですので、対策が必要です。

先日まで使っていたRX10M4に比較すると、画質、動体AF、機能性で大きな差をつけられますが、倍以上ロングレンジの光学ズーム、半分近いサイズと価格はやはり正義。体力の落ちてきたベテラン、あるいは初心者のエントリー機として存在価値は光っています。豆センサー&暗いレンズを逆手に取った最新高倍率機、おすすめの一品です。
※フードは同梱、液晶はタッチにして欲しかった(-。-) ボソッ

今年はこれにて更新終了。皆様良いお年をお迎えください。来年もよろしくです。


探鳥日記 ホームグラウンド再度山公園にて

1_20181226223735886.jpg
我が家の探鳥のホームグラウンドは長らく菊水山でしたが、最近は再度山公園に行っています。無料駐車場もありお手軽お気軽に比較的多様な鳥たちを観察できます。今年は病院通いでほとんど鳥見はかないませんでしたが、日曜日ちょっと時間が取れたので、午後の遅がけながらでかけてきました。

2_20181226223736b1d.jpg
修法ヶ原池ではマガモ、カルガモ、カイツブリがお出迎え。このあとトピックが…


3_201812262237370f4.jpg
ここはカワラヒワが多いところ。けっこう人相が悪い奴です(笑)


4_201812262237395dc.jpg
この日は驚くほどホオジロが多かったです


5_20181226223740633.jpg
久しぶりにビンズイを見かけました


7_2018122622374320c.jpg
この日の嚆矢、ホオジロガモ(一年目幼鳥♂)。当初キンクロかと思ったのですが、どうも違います。現場では同定できず帰宅してからカモ図鑑をチェックして判明しました。長らく鳥見をしていますがホオジロガモを観察したのは初めてだったので、家人ともども万歳三唱。遠距離からコンデジで撮影したので画像がグズグズなのはご愛嬌。

この日出会えた鳥たちは、ヤマガラ、アオジ、コゲラ、ホオジロ、カシラダカ、ビンズイ、キセキレイ、ウグイス、ホオジロガモ、マガモ、カイツブリ、カワラヒワ、ジョウビタキなど19種、どうもありがとう。機材:DC-TZ90