やっぱええわ!アンナー・ビルスマによるバッハ「無伴奏チェロ組曲」

11_20190904021359802.jpg
音楽は毎日のように仕事用BGM、散歩用BGMとして親しんでいる。近年は年甲斐もなく若い人のPOPSや、ちょっと聞き齧っているクラシックをよく聞いている。クラシックといってもベートーヴェンに代表される古典派以降の音楽は、まるで耳が受け付けず頭が痛くなる。そんな素人だから、美メロで心地よく聞けるバロックなら肩が凝らなくていい。ビバルディやバッハはかなり聴き込んでいるが、指揮者、演奏者、古楽器とモダン楽器など、違いが少しずつわかってくると、これが同じビバルディかと思うほど、いろいろなバリエーションがあって楽しめる。

音源は手持ちCDもしくはレンタルCDからiTunesで取り込むかMP3を購入するかして、最終的にはGoodle Play Musicでクラウドにアップしてある。音質的には不利な圧縮音源だが、PCやスマホなら十分。クラシックCDはその殆どをレンタルで手配したが、いわゆる名盤はレンタル店のラインナップにないことが多い。バッハの無伴奏チェロ組曲はヨーヨー・マや安田謙一郎盤は持っていたが、肝心要のアンナー・ビルスマやパブロ・カザルスのそれはレンタルできなかった。そのまま何年も放っていたのだが、ついに先日アンナー・ビルスマの1992年録音盤をAmazonで購入した。

名盤中の名盤だからやはり素晴らしい。超一流名手が奏でる1701年製のストラディヴァリ「セルヴェ」の耽美な音色といったら。かなりテンポの遅い演奏だが、そのゆったりまったりが音楽の時間にひとしきり浸らせてくれる。アンナー・ビルスマは色々聞いたが、このバッハの作品に関してはその精神的解釈が一際素晴らしいと思う。「やっぱ、買ってよかった」ひさしぶりによい買い物をした。バッハ無伴奏チェロ組曲といっても知らない人が多いだろうが、若い人ならアニメ「氷菓」で流れていたBGMだと云ったらわかってもらえるかも。午後の教室のちょっとアンニュイで切ない空気感にぴったり寄り添う選曲(1番プレリュード)だった。

皆が喜ぶバウムクーヘン、久しぶりにいただきました

1_20190902020301894.jpg
先日の「マツコの知らない世界」はドイツ菓子バウムクーヘンの特集だった。ゲストとマツコが美味そうにパクパク平らげている番組を見ていたらこちらも思わずゴックン。糖質制限期間中ながらも、根が甘党なので、早速家人と連れ立って神戸は元町にあるユーハイム直営店へ出かけてきた。ご存知ユーハイムといえば日本で初めてバウムクーヘンを作って売った菓子職人カール・ユーハイムがその祖である。ちなみにJuchheimという単語をカナ表記する場合は「ユッフハイム」としたほうが原語の発音により近いそうな(Wikipedia)。たしかにドイツ語ぽいね。

2_20190902020303801.jpg
ちなみに戴いたのは上の写真のもの(650円也)。家人はバウムクーヘンに最も相性の良い(と思う)アールグレイ、僕は貧乏人らしくセイロンティーで(笑) 久しぶりに喰ったバウムクーヘンだが、昔のものより随分甘みが抑えられており、何層にも練り込められた豊穣なバターの旨味がたっぷり味わえて本当に美味しかった。そういえば僕の子供の頃は、バウムクーヘンというような洒落た名称ではなく、ピラミッドケーキって云っていた。当時は高価なもので滅多に口にできなかった記憶がある(遠い目…)。

3_20190902020300c2f.jpg
家人はなぜかいちごのショートケーキが好物で、時々おみやげに買って帰るととても喜ぶ。今回も売り切れだったが、ショーケースに置いてあった12個限定の特大ショートケーキに未練たらたら~いくつになっても女とは不思議な生き物である。

素晴らしいの一言!JPRiDE TWS-520 ワイヤレスイヤホン

1_2019082522554110a.jpg
コスパ抜群のワイヤレスイヤホンを入手したので紹介したい。我が家のリファレンスイヤホンはAirPodsである。色々試しては結局、総合性能でAirPodsに戻る。だが自転車乗車時は、段差ショックのたびにAirPodsがポロッと落ちそうで、どうにも精神衛生的によくない(実際は落ちそうで落ちない不思議なイヤホン)。そこで今回試したのが、JPRiDEから出ているTWS-520。尼価格4,980円とリーズナブルだが、私が昨年あたりから試した1万円前後のワイヤレスイヤホンより圧倒的にいい。見た目はなかなかおしゃれで、家人によると「耳からうどんよりええわ」とのこと(笑)

3_201908252255403ea.jpg
形状的にはアップルと同じく脚が飛び出したデザイン。目立つので好きじゃないが、電池、アンテナ、マイクなどを余裕を持って仕込めるので性能的にはいいのだろう。僕は耳穴に圧迫感があるカナル型が嫌いだから、その理由だけでもオープンエアー型のAirPodsを愛用しているのだが、なんとこのTWS-520は装着感が抜群にいいのだ。

私の耳に合っているのか、カナル型なのに圧迫感がとても少ない。よく考えられた形状だと思う。もちろんAirPodsの方が軽快感に勝るのだが、落とさないという安心感があるので自転車乗りには嬉しい。環境音はそこそこ聞こえるので、遮音性の高いイヤホンよりは自転車乗車時にも安心できる。もちろんAirPodsよりも音漏れは少ない。

2_20190825225538d49.jpg
AirPodsのケースはコンパクトさと取り出しやすさが、数あるケースの中でもピカイチ。TWS-520はAirPodsほどではないが、いままで使ったケースでは小さい方だ。残念ながら取り出しやすさについてはスムーズではなくぎりぎり合格点。コストの制約からだろう、充電ケーブルはいまどきのUSB-Cではなくmicro-USBで、ちと残念。機能的にはOSを問わず、先送り、頭出し、巻き戻しができるので大変便利。ワイヤレスイヤホンはふとした拍子で左右が途切れることが多いが、こいつに関してはAirPods並に接続が安定していた。Bluetooth5.0と素性の良いチップの恩恵だろう。

さて肝心の音質といえば価格を考慮すると悪くない。巷では低音凄いというレビューもあるが、全くそんなことはない。音の厚み、スケール感という点ではAirPodsが一段上。しかし解像感を感じさせる中高音なので小編成のバロックはいい感じ。まだ慣らし中なので今後に期待。細かいことをいうとAirPodsより能率が低いのがやや難点。TWS-520を装着したiPhone7とHuawei Mate20proとの比較では、iPhoneのほうがニュアンスに優れ格上。コーデックの差かな(音源はGoogle Play Music)。いずれせよ気に入ったので、今後自宅内ではAirPods、外出時はTWS-520を使っていく予定だ。

JPRiDE TWS-520/優秀イヤホン賞各種受賞/イヤホンのみで6.5時間連続再生/高音質AAC対応/防水IPX5

カシオの時計もいいもんだ

1_20190824024721606.jpg
このところ腕時計はXiaomiのスマートウォッチAmazfit Bipを気に入って使っていたが、なまじ電池持ちが非常に良い(10日程度)ので、ついつい充電を忘れ、外出先で画面が昇天ということが多々あった。「やっぱり普通の時計も必要だわ…」ということで、先日カシオの腕時計を購入した。前にも使ったことがあるシチズンのアナログにしようと思っていたのだが、色々調べてみると、カシオがスペックの割にリーズナブルなことがわかった。入手したのはリニエージLCW-M600D-1BJFというデザイン的にはややカジュアル寄りの紳士時計。

いわゆる電波ソーラーで時刻合わせや電池切れを気にしなくて済む横着仕様(笑) 手頃な価格ながら高級なサファイアガラスを採用してあるし、10気圧防水でもある。またデジタル窓があってデイデイトと月を表示してくれるので、健忘症の私にピッタリ。ワールドタイムを液晶部分に表示してくれるモードもあるので、海外旅行や出張の多い人には助かるだろう。

2_201908240251123aa.jpg
見た目的にはアナログと液晶の組み合わせは正直ダサイが、こいつは液晶面が黒で文字が白の反転仕様。だから黒の時計盤に馴染んで目立たない。実はこれが購入の決め手で、なかなかうまいデザイン処理だと思う。その分視認性は大きく落ちるが仕方がない。あと暗所用にLEDライトが付いているので鳥目の私にはありがたい。バッテリー残量がわかるアナログメーターなんかもついている。その他いろんなモードがあるが、とても私には覚えきれないし、使いこなせそうもない(泣)

歩数計を気に入っているAmazfit Bipは安っぽいシリコンベルトをステンレスに変えたので、見た目が大いに良くなった。自転車乗りにはバッチリなので今後も併用して行く予定。それにしてもカシオはGショックを一回使ったけなので、普通の時計も色々作っているということを知らなかった。調べてみると国内シェアがトップとのこと、ちょっと見直したぞ。

[カシオ] 腕時計 リニエージ 電波ソーラー LCW-M600D-1BJF シルバー

岩合さんの「ねことじいちゃん」展に行ってきました

1_20190820210836dff.jpg
世界ネコ歩きでお馴染みの岩合光昭さんが初メガホンをとった映画「ねことじいちゃん」の写真展が神戸大丸店で開催されているというので、台風一過の先日、家人と見に行ってきました。会場にはたくさんの猫達が豪華俳優陣と共演しているスチル写真がたくさん展示されていました。我が家は猫好きなので、なかなか見応えがあって楽しかったです。


なんといってもオーディションで選ばれた役者ネコ、タマこと本名ベーコンが可愛かったこと。雑種だと思うのですがちょっと小太りで脚や首が短く体型的に子供ネコぽっくて、なんとも愛らしい。評論家によると演技も素晴らしくて「もはや演技派俳優の域」だとか(笑)

3_20190820214308de1.jpg
例によって会場にはミュージアムショップが併設されていました。この手の買物はしない主義なのですが、たまたま以前から欲しいと思っていた小ぶりのワレットがあったので、小考後ゲット。クラフトエマというレザー作家さんの作品です。爺さんに似合う柄ではないですし、ファンシー系は苦手なのですが、先立った愛猫たちへの思い出もあって、つい買ってしまいました(合掌)